• ホーム
  • コラム
  • 「ドライブレコーダー」は取り付けるべき? 意外な“活用事例”を紹介

「ドライブレコーダー」は取り付けるべき? 意外な“活用事例”を紹介

 事故や運転ミスなどの報道でドライブレコーダーの映像をよく見るという人は多いはず。もともとは業務用の車両を中心に利用されていたが、今では取り付けている自家用車も多数あり、さまざまなタイプが登場しているのをご存知だろうか。

 ドライブレコーダーの映像は、事故時の記録として活用できる。だが、それだけではない。タクシー業者の中には、正面のみならず室内にもカメラを向け、運転手への暴行や無賃乗車を抑制しているところもある。一般のドライバーは、駐車中の防犯対策として使っているケースも多い。盗難防止システム(イモビライザー)とあわせて利用している人もいるはずだ。

 一般に浸透した大きなきっかけは、購入価格が手頃になったことだ。以前は数万円かかっていたが、フルHD画質で数千円という商品が登場し、中にはカーナビの機能を搭載、またルームミラー型など、ほかの機能と連動するものも存在する。カメラの性能も高まり、容量も大きくなって撮り逃しの心配もなくなった。取り付けも簡単で、フロントガラスの上部に付ける吸盤式などさまざまだ。未設置のドライバーも手を出しやすいだろう。

 現状、法人向けにはドライブレコーダーの装着で保険料を割り引くプランがあるが、個人向けには見られない。安全運転意識が向上し、事故発生率が下がる可能性もあるので、今後の広がりに期待したいところだ。

文/ロックスター 佐藤

>>年代別でみる! ドライバーの満足度が高い“自動車保険”<ベスト10>

>>もし車が事故や盗難に遭ったら… 「カーナビ」は自動車保険で補償される?



提供元:CS_RANKING

オリコントピックス