• ホーム
  • 芸能
  • “官民一体”で初のカウントダウン、渋谷に6万7000人が集結

“官民一体”で初のカウントダウン、渋谷に6万7000人が集結

 渋谷区・地元商店会・エリアマネジメント団体など、官民が一体となって組織した渋谷カウントダウン実行委員会が、昨年12月31日から1月1日の年末年始にかけて、カウントダウンイベント『“YOU MAKE SHIBUYA”COUNTDOWN2016-2017』を初開催した。当日は気温3度まで冷え込んだが、約6万7000人が集結し、渋谷は熱気に包まれた。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、渋谷の20年後を見据えて昨年に策定した「渋谷区基本構想」を契機に今年からスタートした“YOU MAKE SHIBUYA”をスローガンとしたキャンペーンの一環。そのキックオフイベントとして開催された。12月31日の22時から警視庁による交通規制が開始、歩行者に道路が解放されるや、新年を渋谷で迎えようと“2017”と書かれたグッズや、今年の干支である酉年を想起させる格好をした人々が次々と集結。

 電光掲示板には、女優・綾瀬はるかからのメッセージが映し出され、1500秒前からカウントダウンがスタート、続いて元水泳選手の北島康介氏、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ、最後に阿部寛とリレー形式でカウントが行われ、その度に大きなどよめきが。さらに年明け15分前の23:45からは、実行委員会の一員でもある渋谷区にバトンタッチ。長谷部健渋谷区長を筆頭に、渋谷カウントダウンを後援する東京都を代表して、小池百合子東京都知事も登場し応援メッセージを送った。

 いよいよ2016年も残りわずかとなり、会場の盛り上がりも最高潮。「3、2、1、ハッピーニューイヤー!!」という会場に集まった6万7000人によるカウントダウンコールで新年を迎えた瞬間、会場がライトアップにより真っ赤に染まり、大歓声と共に2017年が幕を明けた。カウントダウンに参加した人に話を聞くと、「東京を代表するスクランブル交差点で行うカウントダウンは楽しかった。多くの人と一緒に新年を迎えられるのは素晴らしいですね」「渋谷として初めての取り組みである、この場にいられたことが嬉しい」と笑顔で答えていた。



関連写真

  • 渋谷で初開催したカウントダウンイベント『“YOU MAKE SHIBUYA”COUNTDOWN2016-2017』
  • 渋谷で初開催したカウントダウンイベント『“YOU MAKE SHIBUYA”COUNTDOWN2016-2017』
  • 渋谷で初開催したカウントダウンイベント『“YOU MAKE SHIBUYA”COUNTDOWN2016-2017』

オリコントピックス