• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、SMAP解散の“モヤモヤ”に持論「疑問解決してない」

松本人志、SMAP解散の“モヤモヤ”に持論「疑問解決してない」

 ダウンタウン松本人志(53)が1日放送のフジテレビ系『ワイドナショー 元旦SP』(前10:00〜12:00)に出演。2016年12月31日をもって解散したSMAPをめぐる報道が過熱した背景に持論を展開した。

 松本は「解散でこれだけ惜しまれる人たちというのはいない。変な言い方だけど、いちタレントとしてうらやましくもある。ダウンタウンが解散しますと言っても『お疲れ様でした』となるだけ」とまずはSMAPの偉大さを称賛。その上で「ただ、ここまで報道が大きくなりすぎたのは、みんなの中の疑問(解散の真相)が解決してないからだと思う」と語った。

 続けて「解散理由を明確にしないといけないというのは、アイドルとしてイメージダウンさせないとできないこと。誰かを悪者にしないと説明がつかなくなる」とメンバーの口から真相を語ることの難しさを指摘。「そういう言えない部分があって、それが“モヤモヤ”として残るのがすごく残念」とまとめた。

 コメンテーターのヒロミも、真相を語ることがなかった彼らに対し「言わない美学を持ってる人たち」と話し、メンバーの姿勢に理解を示していた。



オリコントピックス