• ホーム
  • 芸能
  • SMAP解散から1時間 早くもあふれる“スマロス”「心にポッカリと穴が…」

SMAP解散から1時間 早くもあふれる“スマロス”「心にポッカリと穴が…」

 2016年12月31日をもって、人気グループ・SMAPが解散した。年が明けて2017年1月1日になり1時間ほど経過すると、ネット上では新年のあいさつが飛び交うなか、早くも“スマロス”の声があふれる事態になっている。

 活動最終日の12月31日、リーダーの中居正広はパーソナリティーを務めるニッポン放送『中居正広のSome girl’SMAP』に出演。自ら解散について触れ、メンバーに対して「誰も悪くないんです。メンバーは、今年1年本当によく頑張った。よく踏ん張った。ちょっと年明けたら、そっとしてあげたいなというのがありますよね」と思いやり、最後には「慎吾! 剛! 吾郎! 木村! SMAP! じゃーねー! バイバイ!」と絶叫した。

 ツイッター上では「中居くんのラジオからずっと泣きっぱなし」と番組の反応も多数殺到。さらに「こんなに複雑な気持ちで年を越すのは初めて」「心にポッカリと穴が開いたよう…。今も信じられない」「やっぱりSMAPの存在は大きかったんだ…」とやり場のない気持ちをにじませた。

 ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny’s net」は1月1日、「中居正広、木村拓哉稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾へのファンの皆さまの変わらぬご声援を、どうぞよろしくお願いいたします」とメッセージを掲載。ファンたちも「私たちの中でSMAPはずっと生き続ける」「ずっとずっと忘れない」「ありがとう!!そしてこれからもずっと応援してる!!」と感謝の気持ちとともに続々と投稿している。



オリコントピックス