• ホーム
  • 芸能
  • バカリズム×オードリー若林×二階堂ふみが本人役 異色ドラマ出演

バカリズム×オードリー若林×二階堂ふみが本人役 異色ドラマ出演

 お笑いタレントで脚本家としても活動するバカリズム原案の日本テレビ系ドラマ『住住(すむすむ)』(毎週火曜 深1:29)が、1月24日からスタートする(※地上波放送終了直後、Huluにて1・2話先行配信)。「芸能人の私生活を妄想!」をテーマに同じマンションに住むこととなったバカリズム(升野英知)と、オードリー若林正恭、そして女優の二階堂ふみが本人役のまま出演する。

 都内の某マンションの同じ階に住む、バカリズムと若林は芸能人でありながら派手に遊ぶこともなく地味な独身生活を送っていた。ある日、このマンションに二階堂が住んでいることが発覚。そしていつのまにか彼女も仲間に入り、同じマンションで暮らす「芸能人仲良し3人組」として、それぞれが抱えたり起こしてしまった悩みや問題を解決していく。二階堂はスタイリストをつけずに私服のまま登場。リアルと虚構が入り混じった新感覚のドラマだ。

 出演者の構想自体は2、3年前からあったというバカリズムは「こういうワンシチュエーションでなら、本人役の方が面白いんじゃないかなと思っていました」と企画の原点を説明。「視聴者の方に、リアルな感じで本当に住んでいるのかと思わせたい。ベースは特に事件性もなくて、変に派手にせず、コントやドラマでもない間のところをついていきたい」と方針を明かした。

 一方で「私でいいのかなーと。“笑い”もとれないですし…」と不安げな二階堂だが「コメディーが課題というか、その自分にとっての課題がきたのかなと。でも、意外と脚本を読んでみると、しっくりきます」と手応え。若林は「芝居の流れで色々と話が膨らんでいったりするので、めちゃくちゃ(3人は)相性がいいんじゃないですかねー」と自信を見せ、「自分でもオンエアの状態が、ぜんぜん想像できない。パソコンで感想を検索しようと思ってます」と期待していた。



オリコントピックス