• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】嵐が初の大トリ 白組司会の相葉雅紀は感涙ガッツポーズ

【紅白】嵐が初の大トリ 白組司会の相葉雅紀は感涙ガッツポーズ

■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
8回目の出場でが初の大トリを飾った。『嵐×紅白スペシャルメドレー』と題して、デビュー曲「A・RA・SHI」(99年)、「Happiness」(07年)、「One Love」(08年)の3曲を披露した。

 歌唱前にはメンバー全員で来年に向けたメッセージ。「一年の締めくくるとき、皆さん一緒に笑顔で来年を迎えたい」(櫻井翔)、「どんなときも前に向いて歩いていけばきっと光がさすと思います」(二宮和也)、「皆さんの心に希望と夢のかけらが少しでも宿るよう精一杯歌います」(大野智)、「2017年が夢がかなう素晴らしい一年になりますように」(松本潤)。

 白組司会の大役を務めた相葉雅紀は「皆さんの素晴らしい歌の力のおかげで、何とかここまで司会を務めさせていただくことができました。夢は人が前で生きるために絶対に欠かせないもの。僕たち嵐5人、歌で届ける夢が皆さんに届いて、あしたの力になりますように…」。歌唱中には涙ぐみながら、充実感をにじませるガッツポーズをみせ、歌い終わると深々と一礼した。

★『第67回 NHK紅白歌合戦』関連記事★

【全出場歌手&曲順】嵐が初大トリ、トップバッターは関ジャニ∞
【紅白審査員】新垣結衣、高畑充希ら リオ五輪メダリストや大谷翔平選手も
【特集】プロデューサーが明かす…今年の見どころは? 
【随時更新中】紅白最新ニュース一覧

【フォトギャラリー】
ピコ太郎や星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様
欅坂46や桐谷健太ら…出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス