• ホーム
  • 芸能
  • 吉本「住みますアジア芸人」 現地で続々ブレーク

吉本「住みますアジア芸人」 現地で続々ブレーク

 吉本興業が地域活性化の一環で発足した『あなたの街に住みますプロジェクト』から、アジア各国に滞在した同社所属「住みますアジア芸人」の11組16名が30日、都内で行われた『目指せアジアの星!アジア&47住みますサミット+未来のアジアのスター芸人発掘オーディション』に凱旋登場した。

【写真】その他の写真を見る


 住みますアジア芸人は、漫才少爺(台湾)、あっぱれコイズミ(タイ)、ぼんちきよし(タイ)、アキラ・コンチネンタル・フィーバー(インドネシア)、はなずみ(タイ)、ザ・スリー(インドネシア)、そこらへん元気(インドネシア)、エスディーきんじょう(マレーシア)、ダブルウィッシュ(ベトナム)、ほりっこし(フィリピン)、黄金時代(フィリピン)の11組16名。

 現地では、2年足らずの滞在で住みます芸人たちが続々とブレークしていた。アキラ・コンチネンタル・フィーバーは、ネタ番組で優勝し歌手デビューが決定しており、ダブルウィッシュもレギュラー番組を獲得。あっぱれコイズミはいたっては、ドラマやCMに出演するなど俳優として芽が出た。

 そのなかでもインドネシアのザ・スリーは、2ヶ月間でテレビ番組に約30本出演する売れっ子に。ブレークしたリズムネタで歌番組にも出演し「歌手だと思われている」と笑うと、同席していたペナルティワッキージャルジャルもその活躍ぶりに驚いていた。

 イベント終盤は、『未来のアジアのスター芸人発掘オーディション』と題し、芸人たちがネクストブレークを狙うネタを披露。伝統芸能をダンスゲームに見立てたリズムネタで笑いをさらった「すゑひろがりず」が選出され、海外公演のチャンスをつかんだ。



関連写真

  • インドネシアでブレーク中のザ・スリー
  • 『目指せアジアの星!アジア&47住みますサミット+未来のアジアのスター芸人発掘オーディション』の模様
  • 『目指せアジアの星!アジア&47住みますサミット+未来のアジアのスター芸人発掘オーディション』の模様

オリコントピックス