• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】相葉雅紀&有村架純、“セクシーワード”と“茨城弁”で無茶ぶり合戦

【紅白リハ】相葉雅紀&有村架純、“セクシーワード”と“茨城弁”で無茶ぶり合戦

■『第67回紅白歌合戦』リハーサル4日目(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 白組司会の相葉雅紀と紅組司会の女優・有村架純が、互いに“無茶ぶり合戦”を繰り広げ、息の合ったかけあいを見せた。

【写真】その他の写真を見る


 まず、先手を打ったのは有村。Sexy Zoneの曲紹介で、中島健人の代名詞ともいえる“セクシーなフレーズが話題になり「相葉さん、セクシーメッセージを…」と振ると、相葉もたまらず「マジかよ…」と苦笑い。「本番までに考えておきます」と返すのがやっとだった。

 相葉も負けじと、無茶ぶり返しで応戦。来年4月からNHKで放送予定の連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを演じる有村は、茨城が舞台となっていることから「(セリフは)もちろん、茨城弁です」とアピール。これに食いついた相葉が「じゃあ、ここで茨城弁を」と求めると、有村は「ちょっと本番で…」と照れ笑いを浮かべていた。

 水森かおりの曲紹介の場面でも、相葉が「水森さんと言えば、ご当地ソングですけど、ご当地といえば、方言。方言といえば…架純ちゃん!」とニヤリ。「『好きです』を地元の関西弁で言ってください」と振られた有村は「…好きやで」とカメラ目線でポツリとつぶやきながら「相葉さん、早く曲紹介をしてください」と顔を赤らめていた。

★『第67回 NHK紅白歌合戦』関連記事★

【全出場歌手&曲順】嵐が初大トリ、トップバッターは関ジャニ∞
【紅白審査員】新垣結衣、高畑充希ら リオ五輪メダリストや大谷翔平選手も
【特集】プロデューサーが明かす…今年の見どころは? 
【随時更新中】紅白最新ニュース一覧

【フォトギャラリー】
ピコ太郎や星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様
欅坂46や桐谷健太ら…出場者発表会見で初参加組が意気込み!




関連写真

  • 相葉雅紀と“無茶ぶり合戦”を繰り広げた有村架純(右)と総合司会の武田真一アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 晴れ着姿で登場した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 有村架純=『第67回紅白歌合戦』リハーサル4日目より (C)ORICON NewS inc.
  • 『第67回紅白歌合戦』リハーサル4日目に参加した(左から)武田真一アナ、有村架純 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス