• ホーム
  • 芸能
  • AKB48メンバーのプロレスドラマ 追加キャスト発表

AKB48メンバーのプロレスドラマ 追加キャスト発表

 人気アイドルグループ・AKB48のメンバーが女子プロレスに挑戦するテレビ朝日系ドラマ『豆腐プロレス』(1月21日スタート、毎週土曜 深0:35〜1:00※一部地域を除く)の出演者が追加発表された。

 すべての選手が現役女子高生で構成される、まったく新しいプロレスリーグ“W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)”。そのチャンピオンベルトを目指し、女子高生たちが熱い闘いを繰り広げる青春物語。衰退してしまったプロレス道場を再生させようと奮闘する主人公の女子高生役は宮脇咲良、その親友役は向井地美音、道場に残った唯一の門下生役は横山由依。そのライバルとなる団体のスター選手役として松井珠理奈兒玉遥島田晴香松村香織白間美瑠らも出演する。

 新たに発表されたのは、主人公の父、ウロボロス洋平役の菅原大吉と、かつて洋平の弟子だったにもかかわらず、師匠を裏切って“白金ジム”を新設した矢崎英一郎役の渡辺いっけい。熟練の演技巧者2人が、“闘魂女子”たちのドラマを盛り上げる。

 洋平は自らのジムからチャンピオンを輩出したいという夢を抱き、豆腐店を営む傍ら“錦糸町道場”を運営していた元レスラー。しかし、プロレスを嫌悪する娘の咲良とはわかりあえないまま他界してしまう。一方、矢崎は咲良がプロレスの世界に入るよう仕組んだ人物で、物語の重要なカギを握る男。

 「子どもの頃、プロレスと言うと燃える闘魂アントニオ猪木さんに夢中になった」という菅原は、横山とのレスリングシーンに触れて、「彼女の膝、肘は真っ赤に擦れ血が出そう。しかし組んだ時の彼女の目は力強く溌剌と声を出しものすごい気合いだ。これから彼女たちはここでプロレスの試合をするのだ。無茶だろうと思うほどの華奢な身体でAKB48メンバーの真摯(しんし)な闘魂。見逃せない価値がある」と力を込める。

 渡辺も「正直に言います。撮影初日『はじめまして』のあいさつもそこそこに始まったリハーサルで、僕は宮脇咲良さんの目ヂカラに一瞬で負けそうになりました」とコメント。AKB48メンバーの本気度に触発されて、「渡辺いっけいの危険察知信号が鳴り響きました。今回は“大人の役者”として参加するつもりでしたが、申し訳ありません。なりふり構わず本気でいかせていただきます」と意気込んでいる。



関連写真

  • AKB48メンバーが女子プロレスに挑戦。ドラマ『豆腐プロレス』2017年1月21日スタート(C)テレビ朝日
  • 菅原大吉(C)テレビ朝日
  • 渡辺いっけい(C)テレビ朝日

オリコントピックス