• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】嵐・櫻井翔、相葉雅紀の司会にハプニング「期待する」

【紅白リハ】嵐・櫻井翔、相葉雅紀の司会にハプニング「期待する」

■『第67回紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 2010年から5年連続で紅白の司会を務めただが、今年は相葉雅紀(34)の単独初司会。5人そろっての囲み取材で、櫻井翔(34)は「ある程度のハプニングを期待する。きっちりかっちりは、正直求めていない。相葉くんらしい司会をみたい」と話した。

 それでも過去5回、司会の経験があることから松本潤(33)は「しめるところは、しめると思いますよ」といい、二宮和也(33)も「できると思う。だから選ばれているんだし。楽しい紅白を観たい」と信頼を寄せていた。大野智(36)も「何回もやっているし」と心配はしていない様子だったが、「新しい振り付けがあるので、それを確認する時間がないかも」とした。

 本番では司会に加え、嵐として初の大トリも務める。相葉は「早めに歌えば少しは(司会が)楽になると思っていたので、大トリと聞いてびっくりしちゃって。緊張感が2倍ですね…」と戦々恐々だった。

 『紅白歌合戦』では今年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、老若男女を問わず、さまざまな人々の夢を「歌の力」で応援する。

★『第67回 NHK紅白歌合戦』関連記事★

【全出場歌手&曲順】嵐が初大トリ、トップバッターは関ジャニ∞
【紅白審査員】新垣結衣、高畑充希ら リオ五輪メダリストや大谷翔平選手も
【特集】プロデューサーが明かす…今年の見どころは? 
【随時更新中】紅白最新ニュース一覧

【フォトギャラリー】
AAAや星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様
欅坂46や桐谷健太ら…出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス