• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】V6井ノ原、SMAPの姿勢に感服「その精神は受け継いでいく」

【紅白リハ】V6井ノ原、SMAPの姿勢に感服「その精神は受け継いでいく」

■『第67回紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 3回目の出場となる人気グループ・V6は「Smile!メドレー」を披露する。事務所の先輩でもあるSMAPが、今年の紅白を辞退し年内で解散する。井ノ原快彦は「きょうは29日? もうすぐですね…」と寂しそうな表情を浮かべた。

 昨年の白組司会を務め「SMAPがいなかったらできなかった。裏で中居正広くんが『ここまで最高だ、こんなにできるとは思ってなかった』と、すごい盛り上げてくれた」と秘話を披露した井ノ原。「結成当時から背中を追いかけていたので、あの方々が決めたことは僕は真正面から受け止めようと。『ありがとう』の一言しかない。僕らはSMAPがいなかったらここまできてない。道を作ってくださった方々」と何度も感謝を口にした。

 続けて「スマスマの最終回を観ていて、最後の最後で東日本大震災や熊本(募金の呼びかけを)を最後までしていた。自分のことだけでも大変なのにみんなのことも心配してる。どこまでできるかわからないけど、その精神は受け継いでいかないといけない」と言葉に力を込めた。

 また、白組司会のバトンを渡した相葉雅紀については「ちょっと会ってきて、こないだより貫禄が増してる」と太鼓判。女優の白石美帆と結婚したばかりの長野博は、話題を振られると「ありがとうございます」と照れ笑い。メンバーたちから「年を明けるまで連れ回してやりますよ、家には帰さないよ〜」とイジりを受けつつ「(年末の過ごし方は)変わらない。家で見てくれると思う。変わらずメンバーと過ごせるのが幸せです」と笑顔で話した。

 『紅白歌合戦』では今年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、老若男女を問わず、さまざまな人々の夢を「歌の力」で応援する、としている。

★『第67回 NHK紅白歌合戦』関連記事★

【全出場歌手&曲順】嵐が初大トリ、トップバッターは関ジャニ∞
【紅白審査員】新垣結衣、高畑充希ら リオ五輪メダリストや大谷翔平選手も
【特集】プロデューサーが明かす…今年の見どころは? 
【随時更新中】紅白最新ニュース一覧

【フォトギャラリー】
AAAや星野源の“恋ダンス”など…リハーサルの模様
欅坂46や桐谷健太ら…出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス