• ホーム
  • 芸能
  • さんま「お笑いはご長寿に勝てない」と白旗 「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活

さんま「お笑いはご長寿に勝てない」と白旗 「ご長寿早押しクイズ」14年ぶり復活

 かつてTBS系で放送されていた『さんまのスーパーからくりTV』内の人気企画「ご長寿早押しクイズ」が14年ぶりに復活し、『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016』として、同局系できょう29日(後6:30)に放送される。

 今回の復活に向けて、ナイスなご長寿を発掘すべく、全国6ヶ所で地方予選を開催。鈴木史朗アナウンサー(78)が司会を務める決勝戦では、ご長寿たちの迷解答・珍解答が次々と繰り出され、「お笑い怪獣」の異名を取る明石家さんま(61 )さえも「俺らお笑いはご長寿(のボケ解答)に勝てない」とひれ伏した。

 番組では、「高齢化社会が何だ!」「年を食っていて何が悪い!」と息巻くパワフルなご長寿たち、5000人を総力取材。クイズのほかにも「ご長寿は見た! 〜初めて見た時ビックリしたモノ〜」「ご長寿は見た! 〜人生で出会った一番の有名人〜」「ご長寿 共感川柳」「ご長寿J-POPのど自慢」など、「老後が心配」と嘆く若者たちに向けても、「これを見れば、年をとるのが楽しみになる」ご長寿企画を用意。

 ご長寿たちが「人生の分岐点に立ち思い悩む<過去の自分>」にアドバイスや激励を贈る「ご長寿ビデオレター〜過去の自分へ贈る言葉〜」では、「将来、ハゲるのでは?と心配している20代の自分へ」など、爆笑のビデオレターが続く中、あるご長寿が語った「過去の自分へのアドバイス」では、人生の年輪を感じさせる告白に、スタジオゲストの上地祐輔や近藤春菜ハリセンボン)は大号泣だった。

 さんまも「過去の自分に言いたい」として、「この女性と結婚していたら、どうなっていただろう…と思う人はいる」と告白。しかし、すぐさま「でも、大竹(しのぶ)さんと結婚していなかったらいまの様には仕上がっていなかったから…」と前置きした上で、元妻に「何か変な気持ちでありがとう」と頭を下げ、スタジオの爆笑をさらっていた。



関連写真

  • 12月29日放送、TBS系『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016』ご長寿早押しクイズが14年ぶりに復活(C)TBS
  • ご長寿早押しクイズといえばこの人、鈴木史朗アナウンサー(C)TBS
  • スタジオ出演者(C)TBS

オリコントピックス