• ホーム
  • 音楽
  • ユニバーサル ミュージック、山崎まさよしら所属のオフィス オーガスタ全株式取得へ

ユニバーサル ミュージック、山崎まさよしら所属のオフィス オーガスタ全株式取得へ

 ユニバーサル ミュージックは28日、歌手の杏子山崎まさよし元ちとせ秦基博スキマスイッチらが所属する音楽制作プロダクション「オフィス オーガスタ」の全株式を譲り受けることを発表した。来年1月中に正式な手続きを完了する予定で、両者は関係を強化しつつ、双方の事業発展を目指す。

 オーガスタは、1992年の設立以来、多くのアーティストを輩出し、アーティストマネジメントの分野以外でもイベントの運営など、豊富な実績を持つ。オーガスタは、今回の合意によってユニバーサル ミュージックとの戦略的パートナーシップを構築し、アーティストの活動基盤の安定的な確保を図るとともに、アジア地域への海外展開など、ユニバーサル ミュージックの持つインフラを活用した事業展開を進める。

 ユニバーサル ミュージックは、オーガスタとのパートナーシップにより、邦楽アーティスト、レパートリーの拡充を図るとともに、オーガスタのもつブランド力やアーティストマネジメントのノウハウを活用することでさらなる成長を目指していくという。



オリコントピックス