• ホーム
  • 音楽
  • EXILE HIRO「驚くほどの回復力」 MAKIDAIらの現状を報告

EXILE HIRO「驚くほどの回復力」 MAKIDAIらの現状を報告

 人気グループEXILEのMAKIDAI(41)らが乗った車が24日未明、北海道内で接触事故に遭い、MAKIDAIが所属するPKCZ(R)のメンバーら7名が病院に搬送された件で、28日に所属事務所社長のEXILE HIROが現状を報告した。

 EXILEモバイル内の「メッセージfrom EXILE」で HIROは改めて、『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”』札幌公演の中止をはじめ、事故の相手や地元警察、救急、病院関係者に「多大なるご迷惑をお掛け致しましたことも改めてお詫び申し上げます」と謝罪。

 続けて「容態も落ち着きお見舞いに行くことができるようになりPKCZ(R)メンバーのMAKIDAI、VERBALに会ってきましたので二人の状況をお伝えさせていただきます」と報告し、現状について「通常の生活に戻るまで2〜3ヶ月を要する見込みとのことですが、あれほどの事故で重症を負ったにも関わらず、まだ痛みは残っているようですがMAKIDAIは自分の力でなんとか歩けるようになりました」と説明。

 ICU(集中治療室)に入っていたVERBALについても「まだ辛そうですが自力で立てるぐらいになり二人とも驚くほどの回復力を見せてくれています。二人とも今回のライブを中止にしてしまったことを何度も申し訳ないと謝っており責任を強く感じていることが痛いほど伝わってきました」と記し、DJ DARUMAについては「すでに東京に戻り治療を受けておりますが約1ヶ月程度で復帰できそうな見込みです」と明かした。

 最後は「責任感の強い三人だからこそ、一日でも早く復帰したいと強く願う気持ちが負傷からの回復力を高めているのではないかと感じました」と思いをつづり「PKCZ(R)が一日でも早く完全復帰するために僕らはさらに最善を尽くし三人をサポートしていきたいと思っていますので、皆様も温かく見守っていただけますようお願いいたします」と呼びかけている。

 MAKIDAIらは北海道地方の悪天候により函館から札幌へ陸路で移動していた途中、事故に遭遇。当時、所属事務所は、MAKIDAIがろっ骨を折るなど7名が重軽傷で病院に搬送されたが、いずれも命に別状はないと説明していた。

 なお、HIROは24日の事故後にEXILE TRIBEの公式サイトでコメントを発表。謝罪の言葉とともに「今回の事故を踏まえ、二度とこのような悲しい出来事が起きないよう、移動手段、スケジュールを徹底的に見直し再発防止に全社をあげて取り組んでいきます」と掲げ「今回の札幌公演を楽しみにお待ちいただいた多くの三代目J Soul Brothersファンの皆様のためにも、札幌での振替公演を実施するべく最善を尽くしていきたいと考えております」とファンに伝えている。



オリコントピックス