• ホーム
  • 芸能
  • ストレイテナー『不便な便利屋』にカメオ出演、副音声の実施も決定

ストレイテナー『不便な便利屋』にカメオ出演、副音声の実施も決定

 30日にテレビ東京系で放送されるスペシャルドラマ『不便な便利屋 2016 初雪』(後11:40)に、オープニングテーマ「The Place Has No Name」を歌う4人組ロックバンド・ストレイテナーがカメオ出演することが発表された。本作の脚本・監督を手掛ける北海道のクリエイター・鈴井貴之氏もどこかに登場する。また、2015年4月期に放送された連続ドラマでも好評だった鈴井監督による副音声実況「不便な“福”音声」も実施することが急きょ決定した。

 北海道の名も無き田舎町で“便利屋”を営む3人の男たち(岡田将生鈴木浩介遠藤憲一)のコメディードラマの続編。ストレイテナーの曲は、連ドラ時もオープニングテーマとして使用されたものだ。

 副音声を担当するのは鈴井監督とプロデューサーチーム。普通に観ているだけでは見逃してしまう、ドラマの見どころや撮影の裏側はもちろん、ストレイテナーや鈴井監督自身の出演シーンも解説実況する。

 今回は、失恋のショックで仕事が手につかない売れっ子脚本家の竹山(岡田)が、再び北海道の名も無き田舎町にやって来るところから始まる。実は、市役所地域活性課の桜田(森山栄治)から、町おこしのための「ショートフィルム」の脚本を頼まれており、かつて映画監督を目指していた便利屋の松井(鈴木浩介)も強引に担ぎ出されることに。1年半ぶりに町を訪れた竹山は、ショートフィルムのヒロインに抜てきされた看護師の桐谷梢(飯豊まりえ)と出会い、自分の目を疑う。彼女は、別れたばかりの元カノに瓜二つだったのだ。



オリコントピックス