• ホーム
  • 芸能
  • アニメ映画『この世界の片隅に』興収8億円突破 片渕監督から感謝の直筆メッセージ

アニメ映画『この世界の片隅に』興収8億円突破 片渕監督から感謝の直筆メッセージ

 11月12日より公開中のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、7週目の12月24日・25日の週末に、約3万人を動員、興行収入4500万円を上げて『全国映画動員ランキング』で10位を死守し、7週連続トップ10入りを達成。累計動員60万人、累計興収8億円をそれぞれ突破した。これを受けて片渕須直監督より感謝の直筆メッセージが到着した。

 片渕監督のメッセージは、以下の通り。

 2016年は、映画「この世界の片隅に」の完成、公開とともに、たくさんの出会いとご縁に恵まれた年になりました。
これからもよろしくおねがいいたします。 片渕須直(監督)

 公開館数は、初週より43館増えて、106館。さらに年明け1月7日からは劇場が54館増え、その後も順次上映劇場を拡大し、累計で200館以上での上映が決定している。

 片渕監督が6年の歳月をかけて作り上げた本作は、戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた物語。広島国際映画祭2016での「ヒロシマ平和映画賞」受賞、第38回ヨコハマ映画祭では「作品賞」「審査員特別賞(のん)」、また第71回毎日映画コンクールでは「作品部門」「俳優部門・女優主演賞(のん)」「スタッフ部門・監督賞(片渕須直)」「スタッフ部門・音楽賞(コトリンゴ)」「アニメーション部門」の5部門にノミネートされるなど、映画賞でも高い評価を受けている。



関連写真

  • アニメーション映画『この世界の片隅に』が興行収入8億円突破の大ヒット(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 片渕須直監督より感謝の直筆メッセージ到着!

オリコントピックス