• ホーム
  • 芸能
  • 山崎育三郎、エリート銀行マン役で“月9”初出演 沢村一樹も6年ぶり出演

山崎育三郎、エリート銀行マン役で“月9”初出演 沢村一樹も6年ぶり出演

 俳優の沢村一樹山崎育三郎が、女優・西内まりやが主演を務める来年1月23日スタートのフジテレビ系『突然ですが、明日結婚します』(後9:00)に出演することが、わかった。沢村は“月9”枠に2010年の『夏の恋は虹色に輝く』以来約6年ぶり、山崎はこれが同局連ドラ自体初出演となる。

 ドラマは「専業主婦になりたい女」高梨あすかと、彼女と引かれ合うこととなる「絶対に結婚したくない男」名波竜(flumpool山村隆太)によるラブストーリー。沢村はアナウンサーとしての名波を高く評価し、番組をこよなく愛するアナウンス室室長役となり、外資系銀行のエース営業マンで、あすかの結婚願望も専業主婦願望も把握した上で、アプローチをかけてくる名波の恋のライバルを山崎がそれぞれ演じる。

 このほか、複雑で滑稽(こっけい)な2人の恋愛模様をかき乱す一癖も二癖もあるキャラクターたちを演じるキャスト陣が発表。まず、名波を取り巻く職場の同僚たちとして番組の視聴率のためなら、手段を選ばないテレビ局の編成局局次長役に杉本哲太。同僚の女性アナウンサー役に山賀琴子、若手アナウンサー役に鍵本輝(Lead)、名波のメイク担当に加藤諒が起用された。

 一方、あすかの気の合う親しい仲で自分磨きに余念がなく、恋愛や結婚を考えている時間すらもったいないと考える会社の先輩に中村アン。女子会仲間であすかの先輩役に、岸井ゆきの。あすかの先輩で名波の親友でもある“結婚したい男”に森田甘路。あすかの家族は、父親役に古舘ェ治、母親役に石野真子、弟役には葉山奨之が決定している。



オリコントピックス