• ホーム
  • 芸能
  • チョン・ウソン、ファン・ジョンミンらが共演 『アシュラ』“野獣男”の写真公開

チョン・ウソン、ファン・ジョンミンらが共演 『アシュラ』“野獣男”の写真公開

 韓国の人気俳優チョン・ウソンファン・ジョンミン、チュ・ジフンが共演する映画『アシュラ』(2017年3月4日公開)。地獄のような世界の中で、生き残りを懸けて闘いを繰り広げる野獣のような男たち“野獣男<ヤジュメン>”を演じる俳優陣の新たな写真が27日、ORICON STYLEに到着した。

 『MUSA -武士-』(01年)のキム・ソンス監督がメガホンをとる同作は、架空の都市“アンナム市”を舞台に悪徳市長とその悪徳市長に利用される刑事、彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描く。

 『私の頭の中の消しゴム』(04年)のウソンが、市長の悪事を処理しながら悪人の道に入り込んだ不正刑事ハン・ドギョン役で主演。ドギョンを利用し、利権と成功のために犯罪に手を染める強欲な悪徳市長パク・ソンベ役で『ベテラン』(15年)のジョンミン、ドギョンへの義理から悪徳市長の手下となり悪に侵されていく若き刑事ムン・ソンモ役でジフンが共演する。

 それぞれが“野獣男<ヤジュメン>”の名にふさわしく、動物に例えられる魅力を発揮。大物感を漂わせつつ、策略にはまった際には家庭(妻)を一番に考え、守ろうとするドギョンはライオンのよう。自分の利益のため、欲望のまま本能を剥き出しに生きるソンベはトラをイメージさせ、1度狙った獲物は逃さない一面がある。

 劇中で成り上がりをしていくソンモは、群れない一匹“狼”としてクールなたたずまいを見せ、冷静な検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)は、ここぞという時に活躍をし、何があっても動じないメンタルの強さは黒豹のよう。劇中では、生き残るために血眼になった野獣男<ヤジュメン>たちの闘いが繰り広げられる。



関連写真

  • 映画『アシュラ』に出演する(上段左から)チョン・ウソン、ファン・ジョンミン(下段左から)チュ・ジフン、クァク・ドウォン (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
  • 映画『アシュラ』に出演する(左から)ファン・ジョンミン、チョン・ウソン (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

オリコントピックス