• ホーム
  • 音楽
  • 舞祭組、1年10ヶ月ぶり新曲は初バラード 10日間合宿でメンバーが共作

舞祭組、1年10ヶ月ぶり新曲は初バラード 10日間合宿でメンバーが共作

 人気グループ・Kis-My-Ft2横尾渉宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永からなるユニット「舞祭組」が、来年1月4日に4枚目のシングル「道しるべ」を発売する。舞祭組のシングルは、昨年3月発売の前作「やっちゃった!!」から1年10ヶ月ぶり。過去3作は金曜日や日曜日にリリースされてきたが、今作は水曜日発売となる。

 本作は、メンバー4人が作詞作曲を手がけた初のバラード。楽曲制作にあたっては、メンバーが10日間にわたって合宿を行った。用意された部屋で共同生活をしながら、作詞や作曲、ミュージックビデオ(MV)やジャケットの構想を練り、スタッフとの打ち合わせも。二階堂が中心となってストーリーやカット割りなどを構成したMVは、プロローグ・本編・エピローグの3部作で、11分30秒ほどの長尺作品となっている。

 舞祭組のMVは毎回オルゴールの音色が流れるが、今作ではそのオルゴールからストーリーが展開。デビューシングル「棚からぼたもち」でも登場したデパートの屋上に設置されたステージセットも象徴として使用され、舞祭組らしい笑える映像も散りばめられている。

 涙を表現した雨に打たれるシーンでは、全身びしょ濡れになったり、送風マシーンで立っていられないほどの強風の中、前に進もうと立ち向かうシーンも。さらには、コンテンポラリーダンスも見どころとなっており、バラードとはいえ“舞祭組魂”全開のMVとなっている。

 メンバーはそれぞれ、「ファンの皆さんにもこの作品で感謝の気持ちを伝えたいです。その一歩が踏み出せたことがうれしいです」(横尾)、「舞祭組の4人がメインになれる姿を、ファンの方にも、世間の皆さんにも見てもらいたいです。メンバーとも今回の楽曲制作や撮影で、より一層仲良くなりました。」(宮田)、「今までにない舞祭組を出せたらという思いもありつつ、でもちょっと舞祭組らしさも出せたMVになっています」(二階堂)、「MV撮影中、何回か泣きそうになりました。舞祭組は振り幅があって、自分たちにしかできないものがやれる大切な存在です」(千賀)と作品や舞祭組への熱い思いを明かしている。

 本作は初回生産限定盤A・B(ともにCD+DVD)、通常盤(CD)の3形態。初回盤Aの付属DVDにはMVおよびメイキングドキュメント、初回盤Bには合宿映像『舞祭組10days合宿ガチドキュメント 〜タマタマキタ3人も合宿所でガヤガヤしちゃうよSP〜』が収められる。



オリコントピックス