• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、スマスマ質問に苦笑 ツイッターなりすまし被害には驚き「あんなことが…」

松本人志、スマスマ質問に苦笑 ツイッターなりすまし被害には驚き「あんなことが…」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志(53)が27日、都内で行われたTBS系『クレイジージャーニー元日SP』収録後の囲み取材に出席。きのう26日の放送で、20年9ヶ月の歴史に幕をおろしたフジテレビ系人気番組『SMAP×SMAP』について話題がおよぶと「僕はあんまり言わないほうが…」と苦笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 同席した小池栄子(36)が、口火を切って「さみしかったです。5人そろっての姿が最後になるんだって思うと、ウルッときちゃいました」としみじみ語ると、バナナマン設楽統(43)も「やっぱり社会現象になる、国民的No.1アイドルグループですからね。ニュースにもなりますし、すごい偉業だったんだなと思いました」と同調。小池と設楽に促される形で、渋々話し始めた松本は「僕は、どっちかといったらジャニーズ側の人間なので(話をすると)メールが来るからね」と冗談交じりに切り返した。

 番組放送後には、松本になりすました人物がツイッター上で「SMAPはなくなってはいけない存在。お疲れ様。」とつぶやいたことが話題となったが、当の本人も「あとで知ったんですけど、すぐに違うってわかったみたいですね。ああいうことがあるんだなって思いました」と驚きの表情。続けてのコメントを求める空気を察して「何の質問なんですか? これは、告げ口ですか?」とチクリとけん制して笑いを誘った。

 同番組は、独自の目線や強いこだわりを持ってスラム街、銃密造村、毒ガス充満の光る山…など、世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結。その人だからこその常人離れした体験談、そしてクレイジージャーニーの新たな旅に同行し、「自分じゃ絶対行かないけど、見てみたい!」といったエリアにも潜入する。

 『スマスマ』最終回は、4時間48分にもわたる長時間編成で送られ、96年5月の元メンバー・森且行の脱退報告や2014年7月『27時間テレビ』内で敢行されたノンストップライブなどの名場面などを放送。5人がそろって歌う最後の曲「世界に一つだけの花」では、色とりどりの多数の花に囲まれたスタジオで5人が思いを込めて熱唱し、中居正広が号泣する姿がオンエアされた。



関連写真

  • 最終回を迎えた『SMAP×SMAP』の質問に苦笑した松本人志 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『クレイジージャーニー元日SP』収録後の囲み取材に出席した(左から)バナナマンの設楽統、ダウンダウンダウンの松本人志、小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『クレイジージャーニー元日SP』収録後の囲み取材に出席した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系『クレイジージャーニー元日SP』収録後の囲み取材に出席設楽統 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス