• ホーム
  • 芸能
  • ココリコ田中、2017年は役者業に意欲 コンビ共演も切望

ココリコ田中、2017年は役者業に意欲 コンビ共演も切望

 お笑いコンビ・ココリコ田中直樹が主演を務める読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『増山超能力師事務所』が5日(毎週木曜 後11:59)よりスタートする。今作で超能力師の主人公という異色の役どころに挑戦する田中は、このほど、都内で行われた取材で“役者”としての今年の抱負を語った。

【写真】その他の写真を見る


 2016年は田中にとって、日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』のメインパーソナリティ就任や、ドラマでは『砂の塔 知りすぎた隣人』(TBS系)、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演するなど、活躍の幅を広げた一年となった。

 本業のお笑い以外でも多忙を極めており、この日の取材も撮影の合間を縫って対応した。クランクインから数週間経ち、現場にも慣れてきたといい「どんどん新しいことに挑戦させてもらってるのはありがたいこと。自分じゃ想像できない世界に飛び込むドキドキや不安もあるけど、それ以上に好奇心や楽しみのほうが勝ってる」と充実感をにじませていた。

 今作では、相方・遠藤章造との共演シーンもあると予告した。相方の役者ぶりについては「遠藤さんは大御所みたいにたっぷり“間”を使う演技をしてます」と、少しイジり気味だったが「撮影がすごく楽しかった。今回の作品は自分の中で“挑戦”の役。コンビでドラマにちょこっと出してもらうとか、そういうことも今後、実現していくといいな」と願った。

 同ドラマは『ストロベリーナイト』シリーズなどで知られる誉田哲也氏原作の小説をもとに、個性的な超能力師の面々が、増山が所長を務める事務所で依頼人のトラブル、悩みを解決するために奔走。ミステリー・サスペンス要素を含んだ1話完結作品。劇中では超能力をもつ者の存在が世間にも認められているという設定で、田中は「面倒くさい」が口癖なのに女にめっぽうモテる超能力師・増山圭太郎を演じる。

 「もし超能力が使えたら?」と質問が飛ぶと「無くしたポイントカードも見つけたいし、いろいろありますよね」と“リアル”な回答で笑わせた田中。放送を直前に控え、視聴者に向けて「どのように超能力を駆使するのか。想像を超えるようなこともあったり、超能力だけじゃなく、その裏にある人間模様も見どころだったりする。普通の日常にどう超能力をリンクさせるかは見ていて面白いと思います。スカッと満足できる内容になっていると思います」とアピールした。



関連写真

  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ
  • 『増山超能力師事務所』に主演する田中直樹 (C)読売テレビ

オリコントピックス