• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『僕のヒーローアカデミア』4月から“読テレ・日テレ系”で放送

アニメ『僕のヒーローアカデミア』4月から“読テレ・日テレ系”で放送

 アニメ『僕のヒーローアカデミア』の新シリーズ(第2期)が、来年4月より読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時30分から放送されることが発表された。第2期の放送に先駆け、読売テレビ(関西地区のみ)では、MANPA枠(月曜深夜)で1月9日から第1期の放送を行うことも決定した(ytvMyDo!では見逃し配信も実施)。

 第1期(全13回)は、今年4月からMBS・TBS系列の日曜午後5時枠で放送されたが、同枠でのアニメ放送は来年3月を持って終了することがMBSより発表されていた(土曜朝に移設)。

 永井幸治プロデューサーは「“努力・友情・勝利”を満喫できるこの作品を土曜夕方5時30分枠で放送できることをうれしく思っています。誰もが楽しめる『週刊少年ジャンプ』(集英社)の王道作品と『週刊少年サンデー』(小学館)の代表作『名探偵コナン』を続けて観られる土曜夕方の1時間、たくさんの人に観てもらいたいです」とコメント。

 主人公・緑谷出久役の声優・山下大輝からも「1期で積み重ねてきた熱い想いや気持ちを、この新シリーズでも大事にしつつ、今までのメンバーや、新しく参加されるキャストの皆さんと一緒にもっともっと熱くしていけたらいいなと思います!! 楽しみに待っていてください!」とメッセージが届いている。

 『僕のヒーローアカデミア』は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の堀越耕平氏の漫画原作。“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵(ヴィラン)”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する物語。『週刊少年ジャンプ』が生んだ『ドラゴンボール』『ONE PIECE ワンピース』といった名作の“友情・努力・勝利”の系譜を継ぐジャンプ王道の“新世代”と称されている。

■ストーリー
 ある事件をきっかけにNo.1ヒーローのオールマイト(CV:三宅健太)と出会った“無個性”の少年・緑谷出久は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。出久はオールマイトの厳しい訓練を経て雄英高校に見事入学し、爆豪勝己(CV:岡本信彦)や麗日お茶子(CV:佐倉綾音)らヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと互いを高め合う切磋琢磨の毎日を過ごしていた。

 そんな中、日本全国から注目されるビッグイベント「雄英高校体育祭」の開催が迫る。ただトップだけを見据える爆豪、家族を想って強い意志で挑むお茶子と飯田天哉(CV:石川界人)、そして、ある男を“否定する”ために優勝を狙う轟焦凍(CV:梶裕貴)。さらにヒーロー科1-Bをはじめとする新たな顔ぶれも…。雄英生徒の全員が闘志を燃やす中、出久も決意を新たにする。「僕も本気で獲りに行く!」。最高のヒーローを目指す彼らの“個性”と力、そしてプライドがぶつかり合う戦いが始まる。

■公式サイト
http://heroaca.com/



オリコントピックス