• ホーム
  • 芸能
  • AKB48チーム8、地上波初冠番組1・28スタート Huluで配信も

AKB48チーム8、地上波初冠番組1・28スタート Huluで配信も

 全国で一斉開催されたオーディションによって各都道府県から1人ずつ選出された47人で構成されているAKB48チーム8。2014年4月の結成から丸3年を迎える前に、地上波初冠番組『AKB チーム8のブンブン!エイト大放送』(毎週金曜 深1:45〜2:15)が日本テレビで1月28日から放送されることが決まった。放送直後より、配信サービス「Hulu」でも独占配信される(全10回)。

 「会いに行くアイドル」をコンセプトに全国ツアーや劇場公演など精力的に活動してきたチーム8。全員が都道府県の代表ということもあり、ほかのAKB48グループとは全く違った路線で、着実にファンを獲得してきた。

 そんなチーム8が地上波初冠番組で挑戦するのは、観客前での公開エンターテインメントショー。キャラクターコントを中心に、歌やダンス、ゲームなど、多種多様な体当たりショーを多数の一般客が見つめる中、一発本番の公開収録を行う。

 熟練芸人やコメディー俳優ですら難しいとされる客前コントだが、そこを敢えて、まだまだ経験値の浅いチーム8メンバーが挑戦。未知数なポテンシャルを持つ彼女たちだからこそ飛び出してくるであろう荒削りな魅力の数々を番組で余すところなく伝えていく。

 大胆な被り物をしたドタバタ劇やトンデモな妄想もの、テンポが重要視される会話劇などのコント。松田聖子中森明菜キャンディーズ、ピンクレディーなど、往年の昭和アイドルの姿にふんしたメンバーが懐かしのアイドルソングを完コピでパフォーマンス。メンバーが客席に紛れて鉄板応援コールを送るサプライズ演出の可能性もある。ダンスを得意とするメンバーによる、迫力満点なショータイム、公開収録に参加したファンも巻き込んでの爆笑ゲームなども行う予定だ。ステージMCは、お笑いコンビ・オードリーの2人が務める。

 番組では、そんな彼女たちが本番に臨むまでの舞台裏にも密着。緊張の瞬間を迎えるまでのリアルな表情をドキュメント形式で併せて放送していく。Huluでは、一発本番の舞台にのぞむメンバーたちのドキュメント&未公開シーンも毎週配信する。

 スタジオ収録には、Hulu会員の中から毎回抽選で一定人数を招待し、チーム8のメンバーと一緒にゲームに参加できるイベント企画も実施予定。メンバーと記念写真を撮影したり、お土産がもらえるなど、ファンにとってはたまらない特典が多数用意されている。スタジオ収録参加に関する詳細は公式サイトに掲載。

■公式サイト
http://hulu-japan.jp/bunbun8/



オリコントピックス