• ホーム
  • 音楽
  • WHITE ASHが解散発表 理由説明せず「いずれ話せる時が来たら」

WHITE ASHが解散発表 理由説明せず「いずれ話せる時が来たら」

 ロックバンド・WHITE ASHが、来年3月発売のベストアルバム(タイトル未定)をもって解散することを公式サイトで発表した。解散の経緯や理由は明かされず、解散ライブ等も「行いません」としている。

 同サイトでは「この度WHITE ASHは、来年3月に発売されるベストアルバムをもちまして、解散することになりました」と報告。「皆さま今までWHITE ASHを可愛がってくださり、本当にありがとうございました。なお、解散ライブ等は行いませんので、残り少ないイベントでお会いできることを楽しみにしています」と短くつづられた。

 ボーカル・のび太は昨年1月、「バンドやめよっかな」とツイートし、ファンを騒然とさせたことも。思いとどまったかに見えたが、約2年が経ち、解散を報告することになった。解散理由については「いろいろありますが、墓場まで持っていきたいと思います」と明言を避けた。

 しかし、ショックを受けたファンからの「納得できない」「受け入れられない」「理由が知りたい」といった声に応えるように「大きな誤解が生じていて、納得いかない方やモヤモヤしている方が多いのも事実なので、いずれ話せる時が来たら話します。そう遠くないうちに」とツイートしている。

 WHITE ASHは、のび太(Vo&G)、山さん(G)、彩(B)、剛(Dr)の4人組。2010年にアマチュアコンテストで優勝し、13年にメジャーデビュー。アニメ『ガッチャマン クラウズ』のOP主題歌や『JRAジャパンカップ』のCMソングを担当するなど、活躍の場を広げていた。



オリコントピックス