• ホーム
  • 音楽
  • KinKi Kidsが記録更新、東京ドームで19年連続公演

KinKi Kidsが記録更新、東京ドームで19年連続公演

 人気デュオ・KinKi Kidsが、22日に東京ドームで『We are KinKi Kids DOME CONCERT 2016-2017 〜TSUYOSHI&KOICHI〜』の初日公演を開催。今回で19年連続の公演となり、自身の持つ同所での連続公演年数を更新。23日の東京ドーム公演を含めると、全54公演、計297万人を動員する。

 この記録に対し、堂本光一(37)は「おこがましいですけど、ここがホームという言い方もできるんじゃないかと」とコメント。堂本剛(37)も「嬉しい」と喜びを語り、集まった観客から大きな拍手と声援が飛んだ。

 ライブでは、デビュー曲「硝子の少年」のほか、THE YELLOW MONKEY吉井和哉が提供した「薔薇と太陽」、最新シングル「道は手ずから夢の花」などを披露。各々のソロコーナーも展開し、剛は自身が作詞作曲した曲を歌った。

 毎年、31日には東京ドームで公演することが恒例となっていたが、今年は同日『NHK紅白歌合戦』に初出場するKinKi Kids。光一は、「今回は大みそか、テレビで会えたらと思います」と、例年とは違う大みそかについて言及した。

 最後のあいさつでは、来年デビュー20周年を迎えることについて、「KinKi Kidsでリリースとかしていけたら」と意気込みを見せた剛。光一は、「皆さんのおかげで、2016年がいい序章になった」とあいさつし、改めてファンへの感謝を届けた。

 コンサートは来年1月1日、2日の京セラドーム大阪公演まで開催、計20万人を動員する。



オリコントピックス