• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、ブレインハッカーと対決 『超常現象(秘)Xファイル』第19弾

ビートたけし、ブレインハッカーと対決 『超常現象(秘)Xファイル』第19弾

 テレビ朝日系年末の名物番組『ビートたけしの超常現象 マル秘Xファイル』が今年も24日(後6:56〜9:24)に放送される。1997年の第1弾以来、UFO、超能力、幽霊、UMA(未確認生物)など世界を震撼させた超常現象の数々を取り上げてきた。第19弾となる今回は、今年、世界各国で未確認生物に関する新情報が話題になったことに注目し、番組独自の“UMA捕獲プロジェクト”を始動。さらに、全米最強の“ブレインハッカー”が来日し、出演者たちの頭の中を読み取る実験を展開する。

【写真】その他の写真を見る


 ビートたけしら出演者たちが待ち受けるスタジオにやって来たのは、“ブレインハッカー”のジョー・ブロギー氏。相手の脳に侵入し、過去の記憶や、頭に思い描いたイメージを瞬時に読み取るという能力を持つという謎の人物だ。ブロギー氏はスタジオで出演者たちの脳のハッキングを試みる。

 最初に実験台として選ばれたのは、博多大吉(博多華丸・大吉)。初恋の相手の名前をローマ字で思い浮かべるように指示され、ブロギー氏と手を重ねあわせたところ、「頭文字はM?」と問いかけられ、大吉の表情が固まる。ブロギー氏が続けて「…MIKA(ミカ)?」と聞くと、大吉は絞り出すように「…イエス…」と答え、スタジオ騒然。大吉の初恋相手は“ミカ”さんという近所の女性だったらしく、大吉は「頭文字を当てられたところから怖くなってきて…」と震え上がる。

 その後もブロギー氏は浜口京子を相手に頭に浮かんだ絵を当てる実験を、三戸なつめとは読んだ本の中身を読み取る実験を展開。当初は半信半疑の面持ちだったたけしも「これは…スゲぇな!」と思わずうなった。

 満を持してブロギー氏は、たけしの脳もハッキング。同局の美術倉庫から“かぶり物”と“小道具”を数種類ずつ用意。ブロギー氏は、そこからひとつずつアイテムを選んでほしいとたけしに指示し、それらを身につけて行う簡単なアクションを頭の中で決めておくよう、依頼する。つまり、ブロギー氏は“たけしがどんな小道具を選ぶのか”“それらを使ってどんなアクションを行うのか”、そのすべてを事前に読み取るという。たけしは「こんなモノはいつもかぶりなれていますから、私の心が動くことはありません!」と、自らの思考を読み取られることはないと自信満々で実験に挑んだ。ブロギー氏はたけしの頭の中を読み取ることはできるのか!?

 番組は、このほかにも衝撃の超常現象映像満載の2時間半。アメリカとカナダにまたがるシャンプレーン湖に生息するとされる謎の怪物“チャンプ”の捕獲作戦に、俳優・渡辺裕之が参加。体長は約15メートル、長い首と大きな胸ビレを持ち、太古の恐竜“プレシオサウルス”の生き残りという説もあるUMA。現地の専門家と共に船に乗り込み、水中ドローンや魚群探知機などの最新機器、合計9台のカメラを駆使して徹底捜査を敢行。スクープ映像の撮影に成功したというが、果たして?

 柔道家・篠原信一は、中国の秘境に野人の探索へ。実は今夏、中国で長さ57センチの“巨人の足跡”が発見されたというニュースが駆け巡り、その大きさから推測すると、野人の体長は4メートルになると考えられている。篠原は野人が多く目撃されている湖北省・神農架林区を訪れ、「野人が出現したら一本を取って見せる」と意気込んでみせるが…。現地の調査チームと合同で山中での捜索を開始し、過酷な登山の果て、野人の存在を証明する決定的な痕跡を発見できるのか!?



関連写真

  • 12月24日放送、テレビ朝日系『ビートたけしの超常現象 マル秘Xファイル』全米注目のブレインハッカーが登場(C)テレビ朝日
  • 驚愕スクープ満載の超常現象エンターテインメント第19弾(C)テレビ朝日
  • “ブレインハッカー”のジョー・ブロギー氏(C)テレビ朝日
  • 12月24日放送、テレビ朝日系『ビートたけしの超常現象 マル秘Xファイル』博多大吉(博多華丸・大吉)(C)テレビ朝日
  • 12月24日放送、テレビ朝日系『ビートたけしの超常現象 マル秘Xファイル』ブレインハッカーが博多大吉の初恋の女性を当てる(C)テレビ朝日

オリコントピックス