• ホーム
  • 映画
  • 『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』ティム・バートン監督の来日決定

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』ティム・バートン監督の来日決定

 映画『アリス・イン・ワンダーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』などで知られるティム・バートン監督が、最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』(2017年2月3日公開)のプロモーションのため、来日することがわかった。2014年10月に『ティム・バートンの世界』展オープニングセレモニーなどに出席するため来日して以来、2年3ヶ月ぶり。2017年1月30日には東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、同作をイメージした大規模なレッドカーペット・セレモニーとスペシャル・スクリーニングを実施予定。

 同作は、日本に先駆けて公開された全米で初登場1位を獲得し、バートン監督にとって初登場1位を獲得した7作目の作品。

 米・フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年。唯一の理解者であった祖父が謎めいた死を遂げ、遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見する。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリンと空中浮遊能力を持った少女や、いたずら好きな透明人間の男の子、常に一緒に行動する無口な双子、後頭部に鋭い歯を持つキュートな女の子たちが住んでいた。

 やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿ったある“力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていく。

 バートン監督は「私は“変っている”というレッテルを貼られた。なぜなら子どもなのに、モンスター映画が大好きだったせいだ。子どもの時に感じた、自分は人とは違うという気持ちは決してなくならないものだ。それは一生ついて回る」と自身の経験を語り、その思いから同作には特別な思い入れがあるという。

 以前来日した際には、秋葉原や中野ブロードウェイなどを満喫し、ツイッターで目撃情報が拡散されたバートン監督。「いつか日本を題材にした映画を撮りたい」と明かすほど親日家として知られ、大好きな日本で作品について何を語るのか注目だ。



オリコントピックス