• ホーム
  • 芸能
  • 第1子誕生の山本耕史、親友・香取の“フライング発表”否定「僕と彼の絆から生まれたもの」

第1子誕生の山本耕史、親友・香取の“フライング発表”否定「僕と彼の絆から生まれたもの」

 俳優の山本耕史(40)が21日、都内で行われた『スーパー!ドラマTV presents「ブラックリスト シーズン4」』のジャパンプレミアに出席。妻で女優の堀北真希(28)との間に第1子が誕生したことが明らかになった山本は、イベント登場冒頭から司会に第1子誕生の話題を振られ、会場から祝福を受けると「ありがとうございます」と笑顔を浮かべた。

 続けて父になった心境を問われると「いや〜、本当にかわいいの一言。こんなにかわいと思うことはなかったですよ、今までは」とにっこり。イベント終了後の囲み取材では「『ガラッと変わるぞ』と先輩に言われてたけど、ありえないかわいさですね。奥さんもどっちもかわいいです」と、終始幸せオーラ全開だった。

 また、SMAP香取慎吾(39)が17日生放送のテレビ朝日系『SmaSTATION!!』(毎週土曜 後11:15)でひと足早く報告したことについては「事前に伝えていた? もちろん。全然、彼はフライングでもなんでもない」といい「僕と彼の絆から生まれたものです」と明かした。

 香取は番組内で「本当に寒いので、温かいお話を1つ。僕の友達の山本耕史にお子様が生まれ、お父さんになりました!」と明かし「山本さん、堀北さん、おめでとうございます!」と拍手を送り祝福していた。

 山本と堀北は昨年8月に結婚し、今年6月に山本が自身の公式ファンサイトで堀北の妊娠を発表。堀北の所属事務所はORICON STYLEの取材に対し出産の事実を認めた上で、性別や出産日など詳細は「非公表」とし、発表の予定はないと話した。囲み取材でも子どもの性別を問う声があがったが、山本は「それは内緒で」としていた。

 この日のイベントには、ハロルド・クーパー役のハリー・レニックス、アラム・モジタバイ役のアミール・アリソンが来日し、日本語吹き替え声優を務めたレイモンド・レディントン役の大塚芳忠、エリザベス・キーン役の甲斐田裕子が登壇。ゲストとして「ミス・ユニバース2016」日本代表の中沢沙理がゲスト登場し、キャスト陣に花束を贈った。

 同ドラマは、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて、来年1月31日午後10時より独占日本初放送される。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 香取慎吾の“フライング発表”を否定した山本耕史 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)甲斐田裕子、山本耕史、ハリー・レニックス、アミール・アリソン、中沢沙理、大塚芳忠 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス