• ホーム
  • 芸能
  • 黒柳徹子、インスタグラムの魅力を語る 貴重なNHK時代の秘蔵カットも公開

黒柳徹子、インスタグラムの魅力を語る 貴重なNHK時代の秘蔵カットも公開

 女優で司会者の黒柳徹子(83)が、23日発売の女性ファッション誌『CanCam』2月号(小学館)に登場。開始3ヶ月でフォロワーが32万人を突破したInstagram(インスタグラム)の魅力やかわいい写真の撮り方について、実際の写真を交えながら紹介した。

 黒柳は今年9月、司会を務める『徹子の部屋』に出演した俳優でミュージシャンの福山雅治に勧められたのをきっかけに、Instagramのアカウントを解説。キュートな一面を垣間見せる写真やナチュラルな表情の写真を投稿し、多くの若い女性からフォローされている。

 初登場となった同誌のインタビューでは、Instagramを始めたきっかけや、フォロワー20万人を超えたことを福山に報告した際にかけられた言葉、投稿に付けられたフォロワーからのコメントへの感想などを紹介。写真に添えるコメントについても「短い文で、どう楽しくしよう」と工夫していることを明かした。

 誌面では、自身の愛用の携帯電話2台の写真のほか、自撮りを練習している様子や、最近の大好物だという餃子、貴重なNHK女優時代の一枚、また取材を受けた日のメイク室の模様などを紹介したInstagramの写真を紹介。それぞれの写真に添えたコメントはもちろん、黒柳自身が追加で各写真を解説した。

 黒柳が登場しているのは、同号のメイン特集「かわいい写真が撮りたい!!」。iPhone7 Plusをメインカメラにしたファッションシューティングをはじめ、プロフォトグラファーによる人物・アイテム・動物・フード・風景の“かわいい写真”の撮り方講座、自撮り女王(わたなべ麻衣&ゆうこす)による「奇跡の一枚」の全プロセス紹介など、多彩な企画でかわいい写真の撮り方を紹介している。

 同号にはそのほか、EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典、俳優の斎藤工、2PMのJun.K、女優の小松菜奈、松岡茉優などが登場。表紙は専属モデルの池田エライザが飾っている。



関連写真

  • 黒柳徹子がInstagramの魅力を熱く紹介=『CanCam』2月号(小学館)
  • 黒柳徹子がInstagramの魅力を熱く紹介=『CanCam』2月号(小学館)

オリコントピックス