• ホーム
  • 芸能
  • 『釣りバカ日誌』に『妖怪ウォッチ』のケータ登場 濱田岳「心強い」

『釣りバカ日誌』に『妖怪ウォッチ』のケータ登場 濱田岳「心強い」

 1月2日にテレビ東京系で放送される『新春ドラマスペシャル 「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」 伊勢志摩で大漁!初めての出張編』(後9:00)に、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(公開中)の主人公のケータ(南出凌嘉)が出演することが明らかになった。映画ではアニメと実写の世界を行ったり来たりするケータが、『釣りバカ』の世界に現れ、ハマちゃんこと浜崎伝助(濱田岳)と出会う。

 南出は「(2015年秋の)連続ドラマは家族みんなで観ていました。好きなドラマだったので出演できてうれしいです! フミちゃんやカンチやクマも皆で一緒に来ればよかったのに〜!(笑)」とコメント。

 濱田も「ケータ君がすてきな演技をしてくれました。ケータ君の出演は心強いです。『釣りバカ日誌』って何?と思っている子どもたちもケータ君のおかげで興味を持ってくれるかもしれないですよね。家族みんなで楽しめる作品です。お正月の放送をお楽しみに!」とメッセージを寄せている。

 漫画原作で、実写映画化、テレビドラマ化、テレビアニメ化もされている『釣りバカ日誌』。昨年10月期に、主人公の万年ヒラの中年サラリーマンで、釣りバカのハマちゃんの入社1年目を描いた『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』が放送された。

 新作では、入社2年目のハマちゃんが登場。初めての出張で三重県伊勢・志摩にやってきたハマちゃんが偶然、学生時代に恋焦がれていた船宿の娘・矢島亜季(比嘉愛未)と再会するストーリー。社長のスーさん(西田敏行)、彼女のみち子(広瀬アリス)、佐々木課長(吹越満)ら、連続ドラマのメンバーに加え、亜季の夫・矢島健二役に荒川良々、亜季の父親・岩田源造役に小倉久寛、ドラマの鍵を握るキーパーソンとして竹内力が出演する。



関連写真

  • 1月2日放送、テレビ東京系『釣りバカ日誌』新春スペシャルに『映画妖怪ウォッチ』のケータ(南出凌嘉)が登場(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹
  • ハマちゃん、ケータの腕時計に興味津々?(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹
  • 連続ドラマのメンバーも勢ぞろい。マドンナ役は比嘉愛未(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹

オリコントピックス