• ホーム
  • 芸能
  • ダンスボーカルユニットが体現する異色の人文字フォント“はみ文字”登場

ダンスボーカルユニットが体現する異色の人文字フォント“はみ文字”登場

 4人組ダンスボーカルユニット・新しい学校のリーダーズとスナックメーカーの湖池屋がタッグを組み、個性や自由で“はみ出す”若者を応援してきた“はみ出しプロジェクト”。その新展開として、「友だちや家族とカタカナ人文字コミュニケーションを楽しもう」をテーマにする“はみ文字”を21日より配信スタートした。

 「はみ出せ、青春」を合言葉に、一度きりの青春時代を、もっと前向きに、思いっきりはみ出してほしいというメッセージを込めて若者たちを応援していく“はみ出しプロジェクト”。このたび同プロジェクトの一環として作成された“はみ文字”とは、人を使って撮影した人文字によるオンラインコミュニケーションツール(LINEやTwitterで使える)。同プロジェクト特設サイトで配信している。

 カタカナの文字だけでなく、記号、顔文字などもある全108文字の“はみ文字”を身体いっぱいに表現したのは、新しい学校のリーダーズ。セーラー服の衣装に学校を連想させるサウンドと攻めの利いたダンスで、女子中高生から人気のユニット。そのメンバーたちが、都内某所で行われた12時間以上にも及ぶ撮影を経て完成した渾身の“はみ文字”は、メンバーやファンと同年代の若い世代に刺さりそうな、どこか温かみがあるほとばしる感情を伝える異色のフォントになっている。

 撮影では、いつもの制服姿の上にジャージを着用し、『ジャー女』として気合いを入れて臨んだ新しい学校のリーダーズは、全力で作り上げた“はみ文字”について「友だちとのケンカの仲直りや告白時など、やはり青春を感じるときに使っていただきたいです!」と熱くコメントしている。

◆はみ出しプロジェクト“はみ文字”特設サイト:http://hamidashi-pj.com/hamimoji

関連写真

  • 人を使って撮影した文字によるオンラインコミュニケーションツール“はみ文字”
  • “はみ文字”で書いたハミモジ

オリコントピックス