• ホーム
  • 芸能
  • ピコ太郎『徹子の部屋』初登場 ギネスホルダーの2人が奇跡のコラボ

ピコ太郎『徹子の部屋』初登場 ギネスホルダーの2人が奇跡のコラボ

 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で大ブレークしたピコ太郎が、23日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』(月〜金 正午)に初出演することがわかった。約40秒の楽曲「PPAP」が全米ビルボードのヒットチャート、トップ100入りを果たし「世界最短曲」としてギネス世界記録に認定されたピコ太郎。一方、2011年4月に「同一の司会者による番組の最多放送回数記録」としてギネス世界記録に認定された『徹子の部屋』。放送40年目に突入し1万回を迎えた15年5月には、自らその記録を更新し、2度目の認定証を受領している。同じギネスホルダーでも対極的な記録に、黒柳徹子は「あなた40秒、私40年」と驚きの声を上げた。

 この日司会の黒柳は大好きなパンダをあちこちにあしらった衣装で、ヒョウ柄がトレードマークのピコ太郎をお出迎え。世界をつかんだ男と同じアニマル柄の衣装で、黒柳流の歓迎の意を表した。そんな黒柳にピコ太郎は、ヒョウ柄のストールをプレゼント。パンサー(ヒョウ柄)onパイソン(ヘビ柄)のピコ太郎に、パンサーonパンダの黒柳が相対する光景は、ピコ太郎いわく「野生の王国」。黒柳も「おもしろい!」と大ウケだった。

 「PPAP」誕生秘話から、「ギャグかと思った」というCNN(米)やBBC(英)など海外メディアから受けたオファーの実態、また今後の壮大な構想まで、ピコ太郎の謎に黒柳が迫っていく。

 さらに、ピコ太郎は「PPAP」を黒柳の前で披露。ピコ太郎人気に火がついたYouTubeではカバー動画も多く公開されているためか、黒柳は「ご本尊です」と紹介し、そのパフォーマンスに見入っていた。鑑賞後は「うれしい! おかわいらしいー!!」とピコ太郎を大絶賛。

 勢いに乗ったピコ太郎は、「オニオンペンができないかなぁ…」と、以前から考えていたという思い切った構想を、恐縮しながら黒柳に打診。すると黒柳は「いいですよ!」と快諾。言い出しておきながらピコ太郎は「あぁ〜いいのかなぁ…最悪は何かあったら全部カットで!」と、決死の覚悟で「PPAPたまねぎバージョン」に挑んだ。

 また、黒柳は「自分で考えたのやっていいですか?」と、なんと「PPAP」ならぬ「PPPP」を披露。「稽古不足」と言いながらも、ピコ太郎にアンサーソングをプレゼントし驚かせる。黒柳考案の「PPPP」とは一体どんなものなのか?



関連写真

  • 12月23日放送、テレビ朝日系『徹子の部屋』黒柳徹子×ピコ太郎、奇跡の共演が実現(C)テレビ朝日
  • ピコ太郎が『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』を引っさげ『徹子の部屋』に初登場(C)テレビ朝日
  • 番組限定の「PPAP“たまねぎバージョン”」を披露(C)テレビ朝日

オリコントピックス