• ホーム
  • 音楽
  • 三代目JSB新曲が土9主題歌 堤真一、EDダンス打診に「不安でいっぱい(笑)」

三代目JSB新曲が土9主題歌 堤真一、EDダンス打診に「不安でいっぱい(笑)」

 人気グループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの新曲「Happy?」(来年3月8日発売)が、来年1月14日スタートの堤真一主演ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の主題歌に起用されることが決定した。三代目JSBがドラマ主題歌を担当するのは、「SO RIGHT」以来3年ぶりとなる。

 原作は、藤子・F・不二雄氏が1977〜78年に『漫画アクション』で連載していた作品。平凡な妻子ある52歳のサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内(堤)さんが、ある日、怪しい老人から、スーパーマンになれるスーパースーツをむりやり譲り受け、しぶしぶ世界の平和を守ることになるというストーリー。

 主題歌「Happy?」の作詞は、三代目JSBのボーカル・今市隆二と作詞家・小竹正人氏が共作し、「悩みごとや心に秘めているネガティブなことを全て取っ払って、一緒に楽しみながら幸せに、そして、未来を切り開いていこう」という想いを込めた。

 今市は「主題歌に新曲『Happy?』を起用していただき、心からうれしく思います。この楽曲がドラマとしっかりリンクして多くの方々に届いてくれることを願っています。とてもポジティブな楽曲ですし、コール&レスポンスや歌っていただくパートもありますので、オーディエンスの方々と一緒にこの楽曲を作り上げていきたい」と意気込む。

 主演の堤は「これが今の時代の曲なんだな、と。おじさんには正直わからない部分もあるけど、かっこいいダンスナンバーだと思います」とコメント。脚本・演出の福田雄一監督からは「エンディングで踊ってほしい」と言われていることを明かし「今、不安でいっぱいです(笑)」と茶目っ気たっぷりに話した。

 ドラマのプロデューサーは「福田雄一さんの生み出す笑いと、三代目のかっこいいダンスナンバーのギャップが際立ち、それでいて、困難に立ち向かう主人公・左江内さんの勇姿は、三代目の雄々しさに通じます。キャスティングも含めてぜいたく尽くしのドラマになってしまいました」と相乗効果に自信をにじませている。



オリコントピックス