• ホーム
  • 芸能
  • 吉田沙保里、時代劇初挑戦「演技もタックルも同じ」

吉田沙保里、時代劇初挑戦「演技もタックルも同じ」

 レスリング女子の吉田沙保里選手が、NHK・BSプレミアムのドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』(1月10日スタート、後11:15、全8回)に出演し、時代劇に初挑戦することがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、土山しげる氏の漫画『勤番グルメ ブシメシ!』を瀬戸康史草刈正雄らの出演で映像化。時は幕末、ところはお江戸、殿の参勤交代でまかり越した酒田伴四郎が、殿や同輩、町娘、はては相撲取りの悩みまで、料理を使って解決していくグルメドラマ。

 吉田に与えられた役は、鶏鍋「きじや」店主の娘・お羽(草刈麻有)の幼なじみ、お里。「きじや」の常連客で好物は軍鶏鍋。大店の後継娘で良い入り婿を募集中という設定だ。

 今回の出演に際し、吉田は「沙保里の名前から一文字取って『お里さん』という名前の人物をいただくことができ、とてもうれしく思っております。時代劇は初めてなので、かつら合わせから楽しませていただきました。母からは、いつも着物を着ていた祖母にそっくり!と大好評です」とコメント。

 収録時には、「せりふや表情などを表現が難しかったのですが、草刈正雄さんから優しくいろいろアドバイスしていただきとても勉強になりました」と、草刈から演技指導を受けたことを明かし、「演技もタックルも勇気を持って挑む気持ちは同じですね。何事も覚悟を決めてやることが大切だと実感しました」と開眼していた。



関連写真

  • NHK・BSプレミアムのドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』(1月10日スタート)に出演する吉田沙保里 (C)NHK
  • 共演した草刈正雄から演技のアドバイスをもらったという (C)NHK
  • NHK・BSプレミアムのドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』(1月10日スタート)に出演する吉田沙保里 (C)NHK

オリコントピックス