• ホーム
  • 芸能
  • 『君の名は。』中国&タイで日本映画歴代興収新記録を樹立

『君の名は。』中国&タイで日本映画歴代興収新記録を樹立

 新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』が、現地時間2日から公開された中国と同先月10日より公開されたタイにおいて、日本映画としての歴代興行収入の新記録を樹立した。

 中国では公開16日間の興収として『STAND BY MEドラえもん』の持っていた5.3億元(約90億円)を上回り、中国で公開された日本映画としての歴代新記録を樹立。今年中国で公開された2Dのアニメ映画としても第1位となった。

 タイでも、これまで1位だった『STAND BY MEドラえもん』を超えて興収4412万バーツ(約1.4億円)を記録した。

 同作はスペインの「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭」でAnima't部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞、韓国の「第18回プチョン(富川)国際アニメーション映画祭」の長編コンペティション部門での優秀賞と観客賞をW受賞するなど、世界各地の映画祭でも次々と受賞。

 さらに、アニメのアカデミー賞と言われている【アニー賞】や、世界各国のプレスが選ぶ映画賞の【サテライト賞】でも各賞にノミネート。「第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞」にて、アニメ映画賞(BEST ANIMATION)を受賞するなど、世界中に『君の名は。』旋風が吹き荒れている。



関連写真

  • 中国&タイで日本映画歴代興収新記録を樹立した映画『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 新海誠監督の『君の名は。』(C)2016「君の名は。」製作委員会

オリコントピックス