• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、ノンスタ井上の事故に“ボケ担当の苦労”訴える

松本人志、ノンスタ井上の事故に“ボケ担当の苦労”訴える

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が18日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。NON STYLE井上裕介(36)が11日、タクシーと接触事故を起こし活動自粛を発表した騒動に「漫才コンビはツッコミの方がボケにプライベートで迷惑かけることが多い」と持論を展開した。

 事故直後、タクシー側の被害状況を確認せず現場から立ち去った井上の対応について意見を求められると「自分で勝手に大事故にして、勝手に大けがしてる」と指摘。その上で、「最近ちょっとしたことで芸能人が叩かれる(ことへの)“恐怖症”が、なんかそんなふうに出てしまったんでしょうね」と行動の背景を推察した。

 続けて「ホント思うんですけど、漫才コンビってツッコミの方がボケにプライベートで迷惑かける説ありますよね?」と持論を投げかけた松本。アンタッチャブルキングオブコメディ、など過去の騒動を例に挙げると「代表的なのがダウンタウン。ツッコミの方はいい加減なのよ。女・酒・博打すぐいくでしょ? そのわりには先輩にかわいがられるんですよ」とヒートアップ。「それで我々ネタ一生懸命考えてる(ボケの)方は『なんかアイツ付き合いづらい』みたいな」と自身の経験を踏まえてなのか、ボケ担当の“受難”を赤裸々にぶちまけた。

 松本の持論にコメンテーターの武田鉄矢は「哲学的ですよね。社会に対して間違ったことを言うのを仕事にしている人って“間違えられない”んですよ」と共感。さらに「正しいことを言う人って大いに間違えることがあるんですよね」とまとめると、松本は「ほんっとにそうなんですよ!」と同意。一方で、そうした傾向がツッコミ担当の“かわいげ”でもあるとコメントした。

 13日には井上の相方でボケ担当の石田明(36)に向けて「ガンバレ石田!」とツイッターでメッセージを送っていたが、これについても「どうしても、ボケ(担当)を応援したくなる」と真意を明かすと、「ネタつくってないツッコミの方はホント何も考えてないですからね!」と最後までツッコミ担当への手厳しい意見でスタジオの笑いを誘っていた。



オリコントピックス