• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン、『イロモネア』登竜門MCに 若手芸人奮闘にエール

バナナマン、『イロモネア』登竜門MCに 若手芸人奮闘にエール

 お笑いコンビ・バナナマンが、26日放送のTBS系お笑い番組『ゴールドラッシュ〜イロモネアへの道〜』(深夜0:00〜1:18)のMCを務めることが18日、わかった。来年1月2日に放送される同局の特番『ウンナン極限ネタバトル ザ・イロモネア正月SP〜笑わせたら100万円〜』の出場権をかけた若手芸人の登竜門となる今回、ウッチャンナンチャンからの依頼を受けた。

 バナナマンは過去15回の番組最多出場を誇り、4回も100万円を獲得した“ミスター・イロモネア”。当初はなかなか100万円に手が届かなかったといい、設楽統は「収録が終わって『お疲れした〜ッ』てエレベーターに乗った瞬間に、『いや〜もうクソウ!』って悔しがっていました」と振り返る。

 日村勇紀も「初めて100万獲った時はすごくうれしいんだけど、何ごともなかったかのような顔をして、エレベーターに乗った瞬間に『やった〜ッ!』って大騒ぎしていました」と回顧。「あと、設楽さんの家が火事になった日に100万円獲得したり、10回目くらいからかな、『いよいよ貴乃花さんのモノマネやめてみる』なんて話していたり…」と思い出話は尽きない様子。「とにかくウケようとがむしゃらにやっていました。ホントにいろいろな思い出があって、僕らの青春の番組です」としみじみ語った。

 今回はMCという立場から若手芸人たちの奮闘を見守る役割となるが、設楽は「僕らの時もそうだったけど、プレイヤーが笑いを取るという個々の戦いではあるんですが、スタジオでは“芸人VS笑わないお客様”みたいな図式になってしまうので、今回のように立ち位置がMCに変われば、プレイヤーの全員にウケてもらいたいし応援したい」とエール。

 収録を終えた設楽は「今回の『ゴールドラッシュ』は若手の大会とはいえ、実力者ぞろいですから、皆さんギラギラしている感じとか、緊張感とか、他の賞レースとはちょっと違う独特の空気があって、僕はすっごく面白かったです」と感想を語っていた。

 今回のプレイヤーは、相席スタート、インディアンス、鬼越トマホーク、カミナリ、さらば青春の光ジグザグジギーシソンヌスーパーマラドーナタイムマシーン3号、ニューヨーク、バットナイス常田、バンビーノ、ヤングウッズ、ライスラバーガールの15組(50音順)。



関連写真

  • 26日深夜放送『ゴールドラッシュ〜イロモネアへの道〜』MCに決定したバナナマン (C)TBS
  • プレイヤーたちの緊張を和らげていたバナナマン (C)TBS

オリコントピックス