• ホーム
  • 芸能
  • 「けやき坂46」初単独イベントを『月刊ヤンマガ』が密着レポート

「けやき坂46」初単独イベントを『月刊ヤンマガ』が密着レポート

 アイドルグループ・欅坂46が、19日発売の『月刊ヤングマガジン』1号(講談社)の表紙と全グラビアページをジャックした。同グループが『月刊ヤンマガ』グラビアをジャックするのは、今回が2度目。人気メンバーの撮り下ろしから「けやき坂46」のライブレポートまで、充実の内容となっている。

 後半グラビアは、「けやき坂46(ひらがなけやき)」が10月末に開催した初の単独イベント『ひらがなおもてなし会』の密着レポート。コーラス部、ダンス部、演劇部に分かれて行われたパフォーマンスや、ステージに立った12人それぞれの魅力を写真とキャッチコピーでわかりやすく紹介している。

 また、長濱ねる(18)、加藤史帆(18)、影山優佳(15)の3人によるイベントを振り返る座談会も掲載。それぞれによるメンバー紹介やイベントで印象に残ったこと、クリスマスのイベントについての意気込みなどを仲良く語り合っている。

 表紙と巻頭グラビアを飾るのは、デビュー曲「サイレントマジョリティー」でフロントを務めた平手友梨奈(15)、今泉佑唯(18)、小林由依(17)、鈴本美愉(18)、渡辺梨加(21)の5人。サンタ風のワンピースに身を包み、華やかクリスマスパーティを楽しんでいる。

 また、特別付録として全3種類の欅坂46ポストカードセットが封入される。



関連写真

  • 「けやき坂46」の初単独イベントを『月刊ヤングマガジン』が密着レポート (C)井上太郎/ヤングマガジン
  • 『月刊ヤングマガジン』1号表紙画像 (C)細居幸次郎/ヤングマガジン

オリコントピックス