• ホーム
  • 映画
  • 遠藤憲一、主演映画と『真田丸』の“縁”に感慨「やっと肩を並べることができた」

遠藤憲一、主演映画と『真田丸』の“縁”に感慨「やっと肩を並べることができた」

 俳優の遠藤憲一が17日、主演映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』初日舞台あいさつに登壇した。立ち見客が出るほどの盛況ぶりを眺め「普段は感極まることはないんですけど、この映画は低予算で単館上映から始まっている作品。これほどまでのお客さんに来ていただいて、本当にありがとうございます」と感慨深げに語った。

【写真】その他の写真を見る


 NHKの大河ドラマ『真田丸』では、上杉景勝役を好演した遠藤。今回の映画が、真田氏ゆかりの地、長野県上田市を舞台にしていることから「上田とは不思議な縁を感じています」としみじみ。「(共演者の)水野真紀さんと撮影初日に上田市の市長さんを訪問した時は『真田丸』の写真ばかりだったんですけど、先月行った時はこの映画のポスターもいっぱい貼ってあって、やっと肩を並べることができたなと思いました」と笑わせていた。

 直前には、アニメ×実写映画『妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の初日舞台あいさつにも登壇していたことから、「きょうは公開が重なってしまいまして、妖怪役から人間役に戻ってまいりました」と茶目っ気たっぷり。「この映画は、今はやっているアニメ映画でもなく、コメディーやアクションに逃げるわけでもなく、お涙ちょうだいだけに逃げるわけでもなく、直球勝負のザ・日本映画です」とアピールしていた。

 同作は、世界で初めて人工的ながんの発生実験に成功した、長野県上田市が生んだ偉人・山極勝三郎の生涯を忠実に描いた初の劇映画。舞台あいさつにはそのほか、水野真紀、高橋恵子、岡部尚、緒方美穂、尾崎右宗、秋月成美、森日菜美、近藤明男監督も登壇した。



関連写真

  • 主演映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』が初日を迎えた遠藤憲一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』初日舞台あいさつに登壇した水野真紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』初日舞台あいさつに登壇した高橋恵子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス