• ホーム
  • 芸能
  • ノンスタ石田、相方・井上の事故で謝罪 漫才を「また一緒に」

ノンスタ石田、相方・井上の事故で謝罪 漫才を「また一緒に」

 お笑いコンビ・NON STYLE石田明(36)が16日、東京・立川市のたましんRISURUホールで行われた『よしもとお笑い祭りin 立川』ライブ前に報道陣の取材に応じ、相方・井上裕介(36)が11日深夜に都内でタクシーとの接触事故を起こしたことを謝罪した。

 黒のスーツで現れた石田は、報道陣に呼び止められると、神妙な面持ちで「このたびは、大変ご迷惑をお掛けしまして、申し訳ございませんでした」と深く頭を下げて謝罪。「何年かぶりに井上から電話がかかってきまして、もう泣きじゃくってて。聞き取ることもできないくらいだったんですけど、本当に反省していました」と井上の様子について伝えた。

 「すぐにでもこういった(謝罪の)場を設けたいと思っているんですけど、まだ謹慎処分でして。だから僕が先にこういう形になったことも、心の中では本当に申し訳ないと思っていると思います」と重ねて謝罪し「これから一緒に許してもらえるように頑張っていこう。どれくらい時間がかかるかわからないけど、井上の人生は俺の人生でもあるから、また皆さんに笑っていただけるように頑張っていこうと話しました」と語った。

 また、ファンに向けては「僕たちの一番いいパフォーマンスは漫才だと思っているんで、また一緒にできるように、ゼロからのスタートのつもりで頑張って行きますので、応援のほどよろしくお願いします」と呼びかけていた。

 所属事務所によると、ライブで石田は客席からあたたかい拍手を受け「謝罪会見ではないんですけど、一言言わせてください。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」と頭を下げていたという。

 井上は、11日夜、東京・世田谷区内で自身が運転する乗用車でタクシーを追い越そうとした際に同車に接触、タクシー運転手が負傷する事態となった。その後、井上は接触したかもしれないと認識していたにもかかわらず、事実確認をせずそのまま帰宅した。

 12日には所属事務所を通じ「接触事故を起こしてしまい、その場でよく確認するべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません。誠意をもって対応してまいりたいと考えております」と謝罪している。



関連写真

  • NON STYLEの石田明 (C)ORICON NewS inc.
  • イベント前に会見を行ったNON STYLEの石田明

オリコントピックス