• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加、アニメ声優初挑戦 庵野氏新作『龍の歯医者』でヒロイン抜てき

清水富美加、アニメ声優初挑戦 庵野氏新作『龍の歯医者』でヒロイン抜てき

 女優の清水富美加(22)が来年2月18・25日にNHK・BSプレミアムで放送されるテレビアニメ『龍の歯医者』(後8:00)で、アニメ声優初挑戦にして主演を務めることが15日、明らかになった。『エヴァンゲリオン』シリーズや映画『シン・ゴジラ』の庵野秀明氏が代表を務める「スタジオカラー」が手がける初のテレビアニメーションで、清水はヒロイン・岸井野ノ子を演じる。

 本作は、巨大な龍が棲(す)む“龍の国”を舞台に描かれる壮大な冒険ファンタジー。国の守護神である龍を虫歯菌から守る新米歯医者の主人公・野ノ子が、龍の歯の上で気絶した隣国の少年兵・ベルと出会い、激しい戦いに巻き込まれながら自らの運命を受け入れていく物語が描かれる。

 野ノ子役を清水が務めるほか、17歳の少年兵・ベル役に岡本信彦、野ノ子の先輩の悟堂ヨ世夫役に山寺宏一、ベテラン歯医者の夏目柴名役に林原めぐみと、豪華な声優陣の出演も決定した。

 声優初挑戦にして、アニメ初主演を務める清水は「ドラマや映画などとまったく違う、どんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです」と新境地への決意を語る。15歳の少女という自身の役どころには「純粋さやひたむきさと、大人顔負けの達観したところを併せもつ魅力的なキャラクターです。ファンタジーとメッセージ性のあふれる『龍の歯医者』の世界を幅ひろい世代のみなさんに楽しんでいただけるよう、一生懸命演でたいと思います」と意欲をみせた。

 庵野氏は制作統括および音響監督として本作に携わり、監督は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の鶴巻和哉氏が務める。また、脚本は三島由紀夫賞作家の舞城王太郎氏と『エヴァンゲリオン』シリーズの榎戸洋司氏が共同で執筆し、キャラクターデザインは新進気鋭のアニメーター・井関修一氏が担当する。



関連写真

  • 『龍の歯医者』でアニメ初声優を務める清水富美加
  • 『龍の歯医者』岸井野ノ子、キャラクターイメージ

オリコントピックス