• ホーム
  • 芸能
  • タモリ、2年連続“ANN”放送決定 サングラスめぐる秘話も

タモリ、2年連続“ANN”放送決定 サングラスめぐる秘話も

 タレントのタモリ(71)がパーソナリティーを務めるニッポン放送系列『タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル』が30日、午後10時から放送されることが明らかになった。昨年に引き続き2年連続での年末“ANN”登場となる今回は、「タモリと2016年」をテーマに1年の出来事を振り返りつつ、芸能生活40周年を迎えたタモリがデビュー当時の思い出話や、謎多き「サングラス」にまつわる秘話を語る。

 オープニングは、年に1度この番組でしか聴けない、タモリのひとりトーク。2014年3月に32年間勤め上げた『笑っていいとも!』を終えて以降「勤務体制が変わって忙しく」なり、今年は東京にいない日も多かったそう。「新人時代を思い出しています」という話から番組の幕を開けた。

 その後は、昨年に引き続き能町みね子氏をパートナーに迎え1年を振り返るトークを展開。大好きな鉄道ネタでは、とある鉄道会社から社長になってくれないかという書簡を受け取っていた話も飛び出し「ちょっと心動いた」というタモリの告白に、能町が「鉄道を持っている芸能人はいませんからね!」と納得する一幕も。

 芸能生活40周年の節目ということで、今回は昔話にも花が咲く。7月に亡くなった永六輔さんが作詞した「上を向いて歩こう」が流れると、デビュー当時の思い出話に。「顔に特徴がないから」とサングラスをするようになった経緯を明かし、当時サングラスでテレビへ出ることに批判が上がった際、永さんが「タモリはサングラスをかけてるから良いんだ」とかばってくれたことを懐かしむと、「永さんがいなかったら、NHKには出られなかった」と故人を偲んだ。

 昨年末の放送では9月までしか進めることができなかった“1年振り返り企画”。果たして今年は無事に1年間を語りきることができるのか…?

 収録を終えたタモリは「みねちゃん(能町氏)とは知り合いだから、今年も楽しかったね。安心して話せるからね」と番組を心から楽しんだ様子。日頃、芸能ニュースには全く関心がないらしく、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が来年4月からの渡米を発表したことを最後に教えられると、「そうだったのか、知らなかった! 綾部は何を勘違いしているのかな(笑)一日も早く帰って来い!」とタモリらしい表現でゲキ(?)を飛ばしていた。



オリコントピックス