• ホーム
  • 芸能
  • “ジブリ出身”米林宏昌監督、来夏に新作公開 『メアリと魔女の花』

“ジブリ出身”米林宏昌監督、来夏に新作公開 『メアリと魔女の花』

 スタジオジブリにて『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)、『思い出のマーニー』(14年)を生み出した米林宏昌監督(43)の最新作『メアリと魔女の花』が、2017年夏に公開されることが15日、わかった。2014年末にスタジオジブリを退社し、プロデューサーの西村義明氏(39)が立ち上げたアニメーションスタジオ「スタジオポノック」が制作する初の長編映画。これまで宮崎駿監督も描いてきた“魔女”を題材にしたファンタジー作品となり、都内で行われた製作発表会見に出席した米林監督は「『マーニー』が“静”だとしたら、“動”の作品。皆さんが僕に思っているもの(イメージ)を裏切りたい」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 米林監督は、1996年にスタジオジブリに入社し、『千と千尋の神隠し』(01年)、『ハウルの動く城』(04年)、『崖の上のポニョ』(08年)などで原画を担当。『借りぐらしのアリエッティ』で初監督に抜てきされ、2010年の邦画1位となる観客動員765万人、興行収入92.5億円を記録。2作品目の『思い出のマーニー』は、第88回米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされ、国内外で高く評価されている。

 宮崎監督からは、スタジオ設立を報告した際に「覚悟をもってやれ」ときつく言われたといい、また別の機会に長編アニメ制作をしていると伝えた際には「『うれしい』と言っていただいて、逆にそれがプレッシャーに感じた。宮崎さんに『うれしい』って期待してもらえる作品を作らないとって、改めて気を引き締めました」と背筋を正した。

 原作は、1971年に描かれたイギリスの作家メアリー・スチュアートによる児童文学。米林監督がイギリスの児童文学を基に映画を作るのは今回で3作目となり、脚本は高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』(13年)でも務めた坂口理子氏と、米林監督が担当する。

 西村プロデューサーは、スタジオジブリが映画製作部門を解散した当時などを振り返り、アニメーション制作への熱意を込めてスタジオ設立の経緯を説明。同企画については、米林監督が得意とするダイナミックな描写を生かしたいと話し、「『魔女の宅急便』は僕らが子ども時代に喜んだ、子ども時代の記憶にある作品。僕らなら、今の子どもたちに向けた新しい21世紀の魔女の物語を作れるはず」と思い、題材を魔女に決定した。

 会見では、報道陣向けに30秒の映像が紹介され、西村プロデューサーの言葉通り、躍動感あふれる映像に早くも期待の声があがっていた。



関連写真

  • 映画『メアリと魔女の花』メインビジュアル (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • 2017年夏全国東宝系公開 映画『メアリと魔女の花』(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • 2017年夏全国東宝系公開 映画『メアリと魔女の花』(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • 2017年夏全国東宝系公開 映画『メアリと魔女の花』(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • 西村義明プロデューサー
  • 米林宏昌監督
  • 2017年夏全国東宝系公開 映画『メアリと魔女の花』(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

オリコントピックス