• ホーム
  • 映画
  • 綾瀬はるか、平幹二朗さんを追悼 『精霊の守り人』で共演

綾瀬はるか、平幹二朗さんを追悼 『精霊の守り人』で共演

 女優の綾瀬はるかが15日、東京・渋谷のNHKで自身が主演する大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(1月21日スタート、毎週土曜 後9:00、全9回)の会見で、10月22日に急逝した俳優の平幹二朗さんを追悼した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、児童文学のノーベル賞といわれる“国際アンデルセン賞”の受賞作家、上橋菜穂子氏の代表作「守り人」シリーズを映像化する一大プロジェクト。平さんは今年3月に放送されたシーズン1から出演。シーズン2である『悲しき破壊神』でも、帝を補佐する聖導師を演じている。シーズン2の撮影終え、シーズン3の撮影に入る目前の突然の訃報だった。

 綾瀬は「ご一緒したシーンは多くはなかったのですが、すごく存在感があって、お芝居の掛け合いも絶妙な間で、美しい太い声や目力(めぢから)もすごかったですし、一緒にお芝居ができて本当によかったなと思います」と偲んだ。

 主人公の女用心棒バルサ(綾瀬)と、精霊の卵を宿した少年チャグムの運命的な出会いと分かれを描いたシーズン1から4年の歳月を経たシーズン2には、新たなキャストが多数出演する。会見には新キャストの真木よう子、板垣瑞生、鈴木梨央鈴木亮平も出席した。

 綾瀬は「新たなバルサの姿をお見せできると思います。豪華なキャストが集まって見応え満載な作品になったと思います」とコメント。不思議な力を持った少女アスラ(鈴木梨央)を狙うシハナを演じる真木は、バルサと格闘するシーンもたびたびあり、「ファンタジーだから何でもありかなって思っちゃって暴走しちゃった」と撮影を振り返り、自身が演じたキャラクターを「千葉のヤンキーみたい」と表して笑いを誘っていた。

 大河ドラマ『西郷どん』(2018年放送)に主演することが決まった鈴木亮平は、大河主演の経験者である綾瀬に「シーズン3の撮影がはじまったら、心構えとかいろいろ質問攻めにしようかな」と意欲。綾瀬は「すごく楽しいから、大事な一年だからじっくり味わってください」と言葉をかけていた。

 なお、平さんが演じた聖導師役は、シーズン3では鹿賀丈史が務めることがすでに決まっている。



関連写真

  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した鈴木亮平
  • (左から)鈴木梨央、真木よう子、綾瀬はるか、板垣瑞生、鈴木亮平=大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した真木よう子
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した板垣瑞生
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した鈴木梨央
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した綾瀬はるか
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した綾瀬はるか
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した鈴木亮平
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見に出席した鈴木梨央
  • (左から)鈴木梨央、真木よう子、綾瀬はるか、板垣瑞生、鈴木亮平=大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見

オリコントピックス