• ホーム
  • 音楽
  • 放課後プリンセス、長澤茉里奈脱退&ツアー中止を発表

放課後プリンセス、長澤茉里奈脱退&ツアー中止を発表

 アイドルグループ・放課後プリンセス(以下、放プリ)が14日、長澤茉里奈(21)の年内脱退と来年3月に予定していた初ツアー(4公演)を中止することを公式サイトで発表した。

 所属事務所は公式サイトで、「長澤茉里奈は本人の希望により2016年12月31日をもちまして放課後プリンセスを脱退することが決まりました。また、弊社とのマネージメント契約が終了することを合わせてご報告させていただきます」とコメント。「今後の活動については未定ということで聞いております」としている。

 長澤本人もコメントを発表。「前から悩んでいたことで私の希望です。所属事務所も離れることになります。急なお知らせになってしまったこと本当にごめんなさい」とファンに謝罪。脱退理由については「メジャーデビューをしてどんどん上を目指すようになってついていけなくなる自分がひしひしとわかるようになりました。ダンス、歌のパフォーマンスもそうですが気持ちがついていけずステージが怖いと思う日もありました」と説明した。

 長澤は13年7月に5期生として加入したが、無断欠勤やSNS個人アカウント使用のため候補生見習いに降格し、その後、一度は解雇処分に。昨年2月に候補見習いとして復帰。今年8月に正規メンバーに昇格したばかりだった。

 公式サイトではあわせて、1stツアー(4公演)の中止を発表。払い戻しの対象は名古屋、大阪、福岡、東京の4公演すべて。「放課後プリンセスといたしましては、仕切り直して全国の皆様にお会いできる機会を作ります」としている。放プリはシングル5作連続でTOP10入りし、今年2月発売の「純白アントワネット」では自己最高の週間2位を記録している。



関連写真

  • 放課後プリンセス(後列左が長澤茉里奈)
  • 8月に正規メンバーに昇格し9月に戴冠式が行われたばかりだった Photo by サトウテツオ

オリコントピックス