• ホーム
  • 芸能
  • 『猿の惑星:大戦記』2017年日本公開決定 2つの種がついに決戦へ

『猿の惑星:大戦記』2017年日本公開決定 2つの種がついに決戦へ

 映画『猿の惑星』シリーズの新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』の日本公開が、2017年に決定した。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011年)、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(14年)に続くシリーズ3作目となる同作では、地球の支配者としての生き残りを懸けた猿と人間、2つの種の争いは激しさを増し、ついに決戦の時を迎える。

 『〜創世記』では、猿の子どもであるシーザーが人類同等の知能を持ち、コミュニケーション・ツールとしての言語を持つまでが描かれた。人類への警鐘に満ち溢れたテーマ、心揺さぶるエモーショナルなドラマを展開し、全世界で4億8000万ドル以上の興行収入を記録。

 続く『〜新世紀』の舞台は、高度な知能を獲得した猿のシーザーが仲間を率いて、人類への反乱を起こしてから10年後の世界。かけがえのない家族や仲間を持ち、平和な世界を望む猿のリーダー、シーザーと人間たちそれぞれの葛藤を軸にした物語は、“共存”と“対立”の狭間で重大な決断を迫られていく姿を映し出し、7億1000万ドル以上の興行収入を達成した。

 同作では、引き続き傑出したリーダーであるシーザーの物語を描きながらも、制作費、スケール感、ドラマ性において過去2作から大きな飛躍を遂げているほか、猿と人間による地球の支配権を懸けた戦いの裏で、シーザーの内面の葛藤も描かれる。

 前2作に引き続き、シーザーを演じるのはパフォーマンス・キャプチャーの第一人者として知られるアンディ・サーキス(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役、『キング・コング』のキング・コング役)。『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリア、『ハンガー・ゲーム』シリーズのウディ・ハレルソンらが出演し、前作に引き続きマット・リーヴス氏が監督を務める。

 公式YouTubeでは、モーションキャプチャーの撮影が難しい雪上での撮影が行われたこと表現しているのか、吹雪で表現されたシーザーの映像を公開。「逃げろ…戦いが始まる前に…すまない…戦争が始まる」というセリフからも、シーザーの葛藤が読み取れる。

■『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』公式YouTube
https://youtu.be/XXrgGeLYhy0



タグ

オリコントピックス