• ホーム
  • 映画
  • 宮野真守、T・バートン最新作の日本語吹き替え声優に決定「本当に幸せ」

宮野真守、T・バートン最新作の日本語吹き替え声優に決定「本当に幸せ」

 人気声優の宮野真守が、『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などで知られるティム・バートン監督最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』(2017年2月3日公開)の日本を吹き替え声優に決定した。次世代の若き英国男子エイサ・バターフィールド演じる主人公ジェイクを務める。

 米・フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年。唯一の理解者であった祖父が謎めいた死を遂げ、遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリンと空中浮遊能力を持った少女や、いたずら好きな透明人間の男の子、常に一緒に行動する無口な双子、後頭部に鋭い歯を持つキュートな女の子たちが住んでいた。

 やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿ったある“力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていく。

 現在ヒット中の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の魔法使いニュート・スキャマンダーに続き、日本語吹き替え声優を務める宮野は「ティム・バートン監督の描く世界観には、以前『チャーリーとチョコレート工場』に参加させていただいた時に心底魅了され、とても楽しく演じさせていただきました。このたび監督の新作に出演できること、本当に幸せです」と喜んでいる。

 そのほか、ミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)を朴ロ美(※ロは王へんに路)、エマ(エラ・パーネル)を花澤香菜、バロン(サミュエル・L・ジャクソン)を玄田哲章が担当する。



オリコントピックス