• ホーム
  • 芸能
  • 吉田羊、地上波連ドラ初主演を完走 最終回で“究極の選択”「私もずっと知らされず…」

吉田羊、地上波連ドラ初主演を完走 最終回で“究極の選択”「私もずっと知らされず…」

 女優の吉田羊が主演を務める関西テレビ・フジテレビ系のドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(毎週火曜 後9:00)が、きょう13日の放送で最終回を迎える。吉田演じる外科医・橘志帆は手術を前に医師として、そして亡き娘を想う母として究極の選択を迫られる。

【写真】その他の写真を見る


 『レディ・ダ・ヴィンチの診断』は、志帆が勤める東光大学病院解析診断部の女医7人(吉田、相武紗季吉岡里帆白鳥久美子滝沢沙織笛木優子伊藤蘭)によるメディカルチーム“レディ・ダ・ヴィンチ”が原因不明の病に立ち向かう、医療ミステリー。

 最終話では、目の前にいる患者・藤原ひかり(根岸姫奈)が、2年前に亡くなった娘の真央(藤澤遥)が自らの命に代えて助けた患者であることに気付いた志帆が、再びメスを握る決心をし、ひかりのオペの執刀を申し出るが、手術当日、突然頭痛に襲われ倒れてしまう。そこで、真央を失った2年前の事故で、外傷性脳動脈瘤を患っていたことが判明する。

 ところが、脳動脈瘤があったからこそ真央の幻覚を見ることができていたという事実も発覚。一方でひかりの手術も大変難しいもので、志帆でなければ手におえないという状況であることから、ひとりの医師として目の前の患者の命を救うか、母親として亡き娘の幻覚を取るか、究極の選択を迫られる。

 同作が、地上波連ドラ初主演となった吉田は「ここまで番組をご覧いただき、本当にありがとうございます。最後は、どんな終わり方なのか私自身もずっと知らされておらず、台本をいただいて初めて志帆の決断を受け入れました」としみじみ。「どちらを選んだとしても、それが志帆さんの決めたこと。どうか志帆の心に寄り添いつつ、彼女の葛藤と決断を共有していただけたらうれしいです。また、解析診断部のメンバーは、これを機にぐっと絆を深めて参ります。彼女たちの最後のチームワークは、大変華麗で美しいです」と呼びかけている。



関連写真

  • 医師としてか母としてか…究極の選択を迫られる志帆(吉田羊)(C)関西テレビ
  • 志帆の重大な局面に解析診断部のメンバーの絆も深まる(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』最終話の場面カット(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』最終話の場面カット(C)関西テレビ

オリコントピックス