• ホーム
  • 芸能
  • エレカシ宮本がドラマ初主演 『ヤンシナ』大賞作で“元売れっ子漫画家”役

エレカシ宮本がドラマ初主演 『ヤンシナ』大賞作で“元売れっ子漫画家”役

 2017年にデビュー30周年を迎えるロックバンド・エレファントカシマシのボーカル宮本浩次(50)が25日に放送されるフジテレビ系単発ドラマ『俺のセンセイ』(深1:00)でドラマ初主演を務めることがわかった。同ドラマは現在新聞社に勤める小島聡一郎さん(26)による『フジテレビヤングシナリオ大賞』の大賞受賞作。宮本演じるかつて売れっ子漫画家だった中年男性が今では生活に困窮するようになり、渋々ながら若き天才美人漫画家のアシスタントとして働きだす物語を描く。

【写真】その他の写真を見る


 『フジテレビヤングシナリオ大賞』といえば坂元裕二氏(『東京ラブストーリー』、『最高の離婚』など)や野島伸司氏(『101回目のプロポーズ』、『高校教師』、『ひとつ屋根の下』など)といった数々の有名脚本家の登竜門。同ドラマでは若き天才漫画家に何度も打ちのめされながらも、人生の大逆転を目指していく主人公など生き生きと描かれるキャラクターたちの姿と、コミカルな脚本、さらには劇中音楽に使用されたエレファントカシマシの楽曲もみどころとなる。

 約16年ぶりのドラマ出演で宮本が演じるのは10年のスランプに苦しみ続ける中年漫画家、西虎太郎(46)。このほか若き美人売れっ子漫画家・郡司すみれ役に石橋杏奈、編集長・織田栄二郎役に佐藤二朗、編集者・内村清隆役には小出恵介が起用された。

 プロデューサーから“主人公・西虎太郎は宮本さんしかいない”と太鼓判を押された宮本は「なにしろ全力でやります」と気合十分。「この西虎太郎という人はとても単純で楽しい人なのですが、悩みと問題を自然にたくさん背負っています。気張りすぎず楽しくやりたいと思います。それから共演者もそうそうたる方々ですし、迷惑かからないようにしたいです。本人は大まじめに取り組んでおります」と初主演作への意気込みを語っている。



関連写真

  • 『俺のセンセイ』ドラマ初主演を務める宮本浩次
  • ドラマ『俺のセンセイ』に出演する小出恵介
  • ドラマ『俺のセンセイ』に出演する(左から)石橋杏奈・宮本浩次

オリコントピックス