• ホーム
  • 芸能
  • ココリコ遠藤、減量が裏目に… ガキ使罰ゲーム「例年よりも痛かった」

ココリコ遠藤、減量が裏目に… ガキ使罰ゲーム「例年よりも痛かった」

 お笑いコンビ・ココリコが10日、都内で行われた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時』のBlu-ray&DVD発売記念イベントに出席。今年、ライザップの肉体改造で約10キロの減量に成功した遠藤だが、当番組での思わぬ“デメリット”を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 シリーズ11年目となる今年は『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(31日 後6:30〜前0:30)を放送。すでに撮影は終えており、苦労話に花を咲かせた遠藤は「脂肪分が減ってるので例年よりも寒くて、お尻の皮も薄くなったから今年はすごい痛かった…。痩せた分の反動がキツかった」とポツリ。

 体重は「まだまだキープしてる」と明かしたものの「来年もあるなら、ライザップの契約が終わってから10キロまた太ろうと思います」と、リバウンドを宣言して笑わせた。

 一方の田中は、毎年恒例となりつつある“タイキック”の罰ゲームを話題にあげ「昔に松本(人志)さんがタイキックをバラエティーに取り入れたら面白いと提案されて、罰ゲームが生まれた」と秘話を披露。「身近に敵はいたんだなと…。それを毎年受けるハメになって…」と恨み節だった。

 終始、苦労を漏らしていたココリコだが、最後には「すごいしんどいけれど、すごい楽しい現場にいれる気持ちが強い。僕らも笑って年を越せるのでありがたいな、幸せだなと思ってます」と笑顔で話し、シリーズ継続に意欲を見せていた。

 イベントには、番組の進行役を務め、「○○アウトー!」の掛け声でおなじみの藤原寛氏も出席し、本人にはサプライズで「田中アウトー!」と宣言。ニヤニヤ顔で登場したシークレットゲストのイジリー岡田が、田中に“高速ベロ”の罰ゲームを執行していた。



関連写真

  • (左から)『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時』のBlu-ray&DVD発売記念イベントに出席遠藤章造、田中直樹
  • 罰ゲームでイジリー岡田(右)の高速ベロを受ける田中直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時』のBlu-ray&DVD発売記念イベントに出席したイジリー岡田、遠藤章造、田中直樹、藤原寛よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役副社長

オリコントピックス